スイング軌道はアップライト?フラット?それぞれの特徴は?

getty

スイング軌道はアップライト?フラット?それぞれの特徴は?

お気に入り

スイングの種類で、アップライトとかフラット(レベル)とかいう分類があります。

それぞれメリット、デメリットがあるはずですが、どちらが自分に合っているのか知りたいです。

メリットとデメリット

メリットとデメリット

何が正解なのか分からないのがスポーツのいいところです。自分を追求していくところに面白さを感じていきたいです。

でも結果はすべてスコアだよって思う奏son輝です。

最近話題になるのはスイングの話です。スイングには縦振りのアップライトスイングと横振りのフラットスイングがあります。

アップライトスイングはクラブヘッドが体の前で振り子のように動きます。目標方向に対する体重移動の力を利用してボールを飛ばします。

フラットスイングは背骨を軸にクラブヘッドが半円を描きます。体の回転と遠心力を利用してボールを飛ばします。

アップライトスイングではトップでグリップが高く上がります。逆にフラットスイングではトップ時にグリップが低めなのが特徴です。

あなたはどちらの分類に入りますか? 携帯のビデオなどで撮ってみれば分かると思います。試してみましょう。

自分を知りましょう

自分を知りましょう

アップライトスイングのメリットは、ボールを正面からとらえられる区間であるインパクトゾーンが長いことです。

しかも方向性が良く、アップライトのスイングを真上から見ると目標方向に長い楕円のようなスイング軌道を描きます。

しかしアップライトスイングはスライスが出やすいスイングでもあります。アップライトスイングはトップでグリップが高く上がります。

バックスイングでクラブが開き、ダウンスイングでクラブヘッドが外側から体側に抜けるアウトサイドインのスイング軌道になりスライスが出ます。

フラットスイングのメリットは安定したスイングがしやすい点です。フラットスイングは主に体の回転を使いボールを打つスイングです。

体重移動のために体を左右に動かすアップライトスイングに比べて動きがシンプルです。そのため毎回同じスイングを再現しやすく安定したスイングが身につきやすいです。

フラットスイングのデメリットはインパクトゾーンの短さと飛距離が出にくい点です。フラットスイングの軌道を真上から見ると円に近い軌道を描きます。

ボールを正面からとらえるインパクトゾーンは短めです。そのため慣れないうちはボールをまっすぐ飛ばしにくいです。

フラットスイングはトップの位置が低いのでヘッドスピードを出しにくく飛距離を伸ばしにくいです。

どうですか? 皆さまどちらに当てはまりますか?

試してみる価値はある

試してみる価値はある

もちろんな話ですが、体格によって打ちやすいスイングが異なります。

身長の高い人は上半身を大きく前傾させて構えるためアップライトスイングになりやすいです。

身長の低い人は前傾角度が小さく済むためフラットスイングになりやすいです。あくまでも一般的な話ですが、あながち間違いではなさそうです。

ミスショットが多く出ている場合は体格に合っていないスイングで打っている可能性があります。

ミスショットが多い人は自分のスイングがアップライトかフラットか確かめてみるべきです。

同じ初心者ゴルファーの皆さま、どちらに当てはまりますか? 劇的にスコアを減らせるわけではありせんが、いつも泣かされている2、3打は縮まるかもしれないですよ。

それではまだ。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人