チーピンに悩む人必見!『おしり』の意識でチーピンが解消します!

getty

ゴルフスイング

チーピンに悩む人必見!『おしり』の意識でチーピンが解消します!

0

前傾維持をしたい方やチーピンなどに悩む方はぜひ実践してほしいです。悩みが簡単に1つなくなります。

お尻は大事

お尻は大事

会社のゴルフコンペがありました。早起きして1日中ゴルフ三昧もなかなか良いものです。絆も深まることを祈ります。

どうも奏son輝です。

会社のゴルフコンペにて話題になったのがスイング軸の話です。

スイング軸がブレるパターンは大体2つくらいあると言われています。左右にブレるケースと前後にブレるケースです。

前後にブレるケースは、ダウンスイングからフォローに向かうところで前傾が起き上がってしまう状態です。

前傾をキープすることが重要なゴルフスイングですが、上半身を意識して前傾を保とうとしてしまうと体の回転が悪くなります。

上体が起き上がってしまう方はぜひお尻に注目してほしいのです。

ダウンスイングで前傾が起き上がるのは、アドレスで作った上半身の前傾だけが器用に起き上がるのではありません。お尻が前方に動くアクションを伴って上体が起き上がるのです。

軸がブレる根本的な原因はお尻にあり、意識するだけで上体の起き上がりは勝手に抑制されるはずです。

チーピンがなくなる!?

自分自身チーピンにかなり悩まされました。チーピンの原因はダウンスイングからフォローにかけてお尻が前に出てお尻の動きによって上体が起き上がります。

お尻は斜め前方にスライドするだけで回転せず、フォローで腕を振り抜くスペースを失います。

行き場を失った状態になり小手先でコントロールしなければなりません。

急激にフェースが返ればチーピンとなり、その逆でフェースが戻らなければプッシュアウトになります。

上体が起き上がるとトップしたり、極端なミスでは空振りが出たりします。

お尻だけ意識して練習

お尻だけ意識して練習

先ほどから口うるさくお尻のキープを書いていますが、お尻のキープこそスイング軸のキープであると心得て良いと思います。

アドレスの状態で椅子やキャディバッグをセットしてスイングしてみましょう。スイングを通じてお尻がいつも椅子に接しているように練習しましょう。

ダウンスイングでお尻が大きく前方に出てしまう方は、ダウンスイングからフォローにかけて左のお尻で椅子を軽く押す感じを意識してください。

強いドロー回転がかかっていたボールは軽いフェード気味になってくるはずです。スイングの変化で言えば、フォローでクラブが寝てきます。

チーピンに悩む人はフォローでクラブがかなり立っています。

お尻が回転しないため、腕の抜ける方向が垂直に近くなってしまうからです。フォローでクラブが立っている人は自覚してください。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、これは本当に実践してください。簡単に悩みが1つ消えますよ。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

チーピンに悩む人必見!『おしり』の意識でチーピンが解消します!

カートに追加されました。


×