ティーアップの場所選びやクラブ選択もティーショットでは重要

ティーアップの場所選びやクラブ選択もティーショットでは重要

ホールの最初のティーショットでスコアは決まると言っても過言ではありません。気持ち的にも大事な気がします。

目的を明確にしましょう

目的を明確にしましょう

最近はすべてボギーの90を目指しラウンドしていますが、なかなか上手くいきません。狙うと力んで上手くいきません。

またまた蝶ネクタイ着用して怒られました。奏son輝です。

ティーショットは、2打目を打ちやすい場所にボールを飛ばすことが目的です。

飛距離を稼ぐことも大事ですが、次が打ちづらい場所に行ってしまっては意味がありません。

そう行った意味で安全性を考えて打つことがより大事なティーショットであり、次につながります。

ティーショットは、唯一ボール位置をセットできる場所であり、かなり重要なポイントです。

右から見るのと左から見るのとではコースがまったく違って見えますが、ティーアップの位置を選べば好きな景観から打てます。

理想通りにティーショットを打ちたいなら、飛ばしたい方向が良く見える位置にティーをセットするのが大事です。

何も考えずにティーを常に真ん中にセットして打つ人は少なくありません。ティーの位置次第でコースの見え方は大きく変わってきます。これは戦略です。

たった数メートルの違いで左右を広く使い分けることでティーショットを使い分けることができ、戦略の選択肢が増え、スコアは激減します。

自分を理解しよう

自分を理解しよう

ゴルファーにはそれぞれ持ち球というものが存在します。自分はドローです。

持ち球とはその人の個性を反映した球筋を表し、意識せずにショットしたときに球がどのように飛ぶのかを示しています。

フック気味あるいはスライス気味そしてドローボールまたはフェードボールなど、まっすぐにショットしたつもりでも微妙なクセによって個性がはっきりと表れます。

自分の持ち球がどのような性質なのかを知っておかなければ、ティーショットを安定させることはできません。

練習を繰り返して自分の持ち球はどのような性質なのかを確かめましょう。

持ち球のクセを知り球筋を計算に入れたティーショットを打ちましょう。ボールを飛ばそうという意識が強くなるととにかくクラブで強くボールを叩こうとします。

ショットにパワーを反映させるのは間違った考えではありませんが、安定性を犠牲にしてしまうため返ってショットが乱れてしまいます。

自分の場合はスライスが連発します。

良いティーショットを打つために重要なのは、ボールを叩く意識ではなく振り抜く意識を持つことです。

ゴルフクラブというのは、正しいスイングをすれば必ず飛距離が出るように設計されています。

リキまずクラブを振り抜くことを重視してスイングすれば、飛距離も安定性も満足がいくティーショットを打てるようになります。

気分良くラウンドしたい

気分良くラウンドしたい

ドライバーは最も飛距離が出るゴルフクラブです。しかしティーショットだからといってドライバーにこだわる必要はありません。

飛距離を犠牲にしてでもコントロールを重視したティーショットを打ったほうが良いホールはいくらでもあります。

短めのホールならアイアンでティーショットを打つことも戦略です。

豪快なドライバーショットが決まった時の爽快感は何物にも代えがたいものがありますが、ドライバーにこだわらず3番ウッドや4番ウッドも使いこなせるようになると、ティーショットの精度がアップしスコアも上向きます。

同じ初心者ゴルファーの皆さま、正確なショットにつなげるためのティーグラウンドの使い方、これはすぐにでも心がけることができます。

次回のラウンドから試してみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×