“昭和生まれ”の宮本勝昌選手か令和初戦で優勝を飾る! 【中日クラウンズ】

https://www.instagram.com/p/BxFRCXxDYQu/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=ezb5uxa9wucb

“昭和生まれ”の宮本勝昌選手か令和初戦で優勝を飾る! 【中日クラウンズ】

お気に入り

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ゴールデンウイーク後半に開催された日本男子ツアー『中日クラウンズ』。

元号が令和に変わった直後の記念すべき大会を制したのは、ベテランの宮本勝昌選手でした。

劇的な10メートルのバーディーパット

注目された令和初戦の『中日クラウンズ』。

優勝したのは“昭和生まれ”のベテラン、宮本勝昌選手でした。

首位と1打差の2位でスタートするも、1番ホールでダブルボギーを喫してしまう苦しい展開。

しかしダブルボギーやボギーの直後にバーディーを奪う粘りのゴルフを展開して、首位タイで最終ホールを迎えます。

宮本選手はパーオンに成功するも、ボールはグリーンまでは10メートルの位置。

誰もが昨年の賞金王である今平周吾選手とのプレーオフを予想していたグリーン上でドラマが待っていました。

なんと宮本選手がこのパットをねじ込んでバーディーとし、劇的な逆転優勝となったのです。

2年ぶりとなるツアー通算12勝目。

勝利の女神は46歳のベテランに微笑みました!

苦手なアプローチに磨きをかけた!

今大会の舞台となった名古屋ゴルフ倶楽部 和合コースは、距離が短い代わりにフェアウェイが狭く、小さくて硬いグリーンが特徴の難コース。

飛ばし屋でアプローチが苦手な宮本選手にとっては相性の悪いコースでした。

そんな宮本選手が今回優勝できたのは、地道に行ってきたアプローチ練習の賜物だったと言えると思います。

昨年は不振にあえぎ、シーズン途中にはフィッシャー症候群という神経系の難病も発症したこともあり、18年連続で守り続けた賞金シードを失ってしまいました。

そこで一念発起して苦手なアプローチに磨きをかけることにしたそうなのですが、シーズン序盤にさっそく結果を出すあたりは、さすが長年ツアーの中心で活躍してきただけのことはありますよね。

子供に勇姿を見せることができた!

今回の宮本選手の優勝で印象的だったのが、奥さんと2人の息子さんと優勝の喜びを分かち合っていたシーン。

46歳という年齢でも優勝でき、13歳と12歳の息子さんたちに優勝した父親の勇姿を見せられるスポーツって、ゴルフ以外になかなか見当たりませんよね。

改めてゴルフというスポーツの素晴らしさを実感しました。

過去に選手会長を3期努めて、その明るいキャラクターとメジャー大会に強いところから、“お祭り男”と言われる宮本選手。

これからも勝利を重ねて男子ツアーを盛り上げてほしいですね。

宮本選手、復活優勝おめでとうございます!!


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

お気に入り
もーりー

腕前はともかくゴルフが大好きです!! 主にスコア100切りを目指しているゴルファー向けに、 自分が日々感じたことを素人目線で記事にしています。 賛否両論あるかもしれませが、温かく見守っていただけ ると嬉しいです! ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG