自分のゴルフの腕前をあなたは本当に理解していますか?

getty

自分のゴルフの腕前をあなたは本当に理解していますか?

お気に入り

あなたはゴルフに対してどのような喜びを求めているでしょうか?

「300ヤード近いドライバーショット!」
「パー5を2オンしてイーグルチャンス!」
「毎ホールバーディーチャンス!」

いろいろな声が聞こえてきそうですが、ゴルフはそもそもいかにスコアを良くしていくかというスポーツです。

その向かう先を決して忘れてはなりません。

では、スコアを良くしていく中で質問です。

あなたは本当に自分のゴルフの腕前を理解していますか?

目指すべきスコアは?

目指すべきスコアは?

getty

想像してください。

あなたは今、1番ホール、362ヤード・パー4のティーイングエリアに立っています。

左右はOB、池やクロスバンカーなどもない少しだけ左ドッグレッグのホールです。

さて、あなたはこのホールの目標スコアはいくつに設定しますか?

「パー4なんだから、当然パー! セカンドが良ければバーディー!」

とお考えの方はなかなか100は切れないでしょう。

平均スコアが85以上の方の場合、狙っていくべきスコアは「ボギー」です。

まず平均スコアが85から90前後の方の場合、確実に「ボギー」をセーブするようにゴルフをプレーされています。

もしあなたがなかなか100が切れていないのであれば、目標としているスコアに問題があるのかもしれません。

自分の実力に合った攻め方を

自分の実力に合った攻め方を

getty

「100切り」を戦略的に考えたことはありますか?

パー72のコースでいうと、ボギーを9回、ダブルボギーを9回取れば「99」で回れることになります。

そう考えるとパーなんて一度も必要ではありません。ボギーを取りにいくことのほうが大切なんです。

100が切れていない方は、パーを取りにいっているのではないでしょうか?

そもそも、1ラウンドにボギー9回、ダブルボギー9回を実現できていないのが初心者の現実です。

そう考えるとパーを取りにいくということ自体、自分の腕前に沿った戦略ではないといえますね。

ボギーを取れるゴルフを!

ボギーを取れるゴルフを!

getty

「パー3を2オン2パットでボギー」
「パー4を3オン2パットでボギー」
「パー5を4オン2パットでボギー」

これを死守して、比較的簡単で短いパー5などで一つでもパーが取れれば80台が出ます。

最も重要なことは、100切りを目指すゴルファーなら「トリプルを叩かない」ということ。

また90台を安定して出し続けたいのであれば「ダブルボギーを叩かない」ようにしなければなりません。

パーは偶然でいいのです。

積極的に、今自分ができることを組み立てながら自分の目標とするスコアを出せるように戦略を組み立てるようにしてください。

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA