私達の前の組でラウンドしていた女性3人組のお話

getty

私達の前の組でラウンドしていた女性3人組のお話

お気に入り

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、私達の前の組でラウンドしていた女性3人組のお話です。

見るからに初ラウンドの女性を含む3人です。ボールにまともに当たりません。

当然プレーが遅いのですが、我々はラウンドレッスンでしたのでそれ程イライラしませんが。

私達の組以外でしたら苦情が出ていたかも知れません。

ラウンド慣れしていない様子です

ラウンド慣れしていない様子です

getty

先日のラウンドレッスンの時、私達(3人)の前を女性が3人で回っていました(30歳台から40歳台くらいの年齢と思われます)。

スタート前から、前の組は余りラウンド慣れしていないのが伝わって来ていましたので、少し不安でした。

ラウンドレッスンで最悪なのは、前の組が遅く後ろの組が早い場合です。

その日は、前の組が遅く後ろの組もご年配の4人で遅かったので、ラウンドレッスンには良い巡り合わせでした。

見ていても悲惨なゴルフです

見ていても悲惨なゴルフです

getty

前の組の女性達はレディースティーから回っていました。

我々はラウンドレッスンをしながらですからユックリと回っていましたが、それでも前の組に追いついてしまい待たされてしまいます。

前の組を見ていますと。初ラウンドではないかと思われる女性がいます。

グリーンが目の前なのに、フルスイングの様に大きくテークバックをして、ボール目掛けてヘッドを振り下ろしますが、当たらずにチョロです。

当たると、大オーバーの繰り返しでした。

そんな場面を何度も目撃しました。

他の2人も自分のことで精一杯みたいで、初心者を見ている余裕はないようです。

後ろで見ていても、かわいそうなくらいです(翌日はすごい筋肉痛になると思います)。

せめて、ハーフスイングと転がしのアプローチ(パターでも良い)くらいできるようにしてからラウンドに臨まないと、ご自分も大変ですが後続の組にも迷惑を掛けてしまいます。

コースデビューに必要な練習

コースデビューに必要な練習

getty

私が、初心者を指導する場合、初めてコースにお連れする時には、それに必要な練習をしてもらってからにします。

まず、練習場でボールが打てるようになったら、コースを想定してグリーン周りでの転がしでの寄せ方や、バンカーなどを一通り練習してから、ショートコースに行きます。

ショートコースでグリーン周りを一回経験していれば、どんなショットが重要か分かりますので、練習の仕方も変わって来ます。

ショートコースを一度経験するだけで、実際に本コースをラウンドする時の心配事は格段に減ります。

何事にも準備をして臨まないと良い結果は得られません。

私のレッスンには「初ラウンドパック」というコースもあります。 

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

お気に入り
レッスンプロ・クラフトマン 河野

 私は、趣味が高じてプロにまで成ってしまいました。 それには、沢山の壁がありました。一つの壁を乗り越えると又絶壁のような壁に 当たり、「この壁は絶対に乗り越えられない」と思いながらもコツコツと地味に 練習をしていますと、或る日ヒントに遭遇します。 その繰り返しで小さな成功体験を重ねたおかげで、ハンデ0に成りアマチュアでは日本と言う試合にも出場する事が出来、倶楽部チャンピオンにも成れました。 今は、得た知識と技術を生徒様に出来るだけ分かり易く、レッスンすることが仕事です。 そして得た知識と技術で本も10冊程、楽天ブックス様にて出版させて頂きました。 https://books.rakuten.co.jp/search/nm?g=000&sitem=%B2%CF%CC%EE%CF%C2%C7%B7&x=0&y=0   「ハンデ14からハンデ0までの軌跡」 http://460262.golsta.jp/add/1254804340264     レッスンプロ・クラフトマン 河野和之 http://www3.plala.or.jp/kkouno/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG