経験豊富な上級者が口を揃えて言うアドバイスとは?
ゴルフ初心者

経験豊富な上級者が口を揃えて言うアドバイスとは?

0

スコアは無難になんとかラウンドしていますが、1つ1つ取ってみたらまだまだたくさんの改善点だらけです。

アドバイスは経験値の高い方からいただくと良いでしょう。

とにかく真ん中に置きなさい

とにかく真ん中に置きなさい

次回書きますが、100人コンペに参加してきました。スコアは25位タイとまずまずでしたが、内容は満足できませんでした。

実は人見知りの奏son輝です。

最近はドライバーが右に左に散らばりますが、何とかアイアンにてカバーしています。裏を返せばドライバーが良ければまだまだスコアは改善できます。

そんな悩みを抱えながら練習して相談をするといったらやはり経験豊富なプレイヤーの方々です。

しかしながら、上級者の皆様口を揃えて発することは「真ん中に打て」です。

距離は結果として付いてくるので、まずは真っすぐ飛ばす方法を見つけなさいとおっしゃられます。

そんな中ラウンドしていて気になるのが、コースのセンターにある黄色の吹き流し(しましまのポールの場合も)、あれを狙う練習をしなさいと言われます。

通称インタークロスセクション・ポイント(IP)と呼ばれる目印です。

これはゴルフとは関係のない測量用語で、横断面がお互いに交わるところという意味らしいです。

ティーグラウンドとグリーンを一直線に結ぶ線に沿って設計されていないので、セカンドショットを打ちそうなポイントのフェアウェイセンターを中間地点とするのです。

ここにティーショットでニアピンを狙う感じで練習してみるのも素敵です。

常に狙いを決めて向上心と目標を持ちましょう。

事前準備を怠らない

事前準備を怠らない

何が悪くてどこが悪いというより、上級者がゴルフでベストスコアを出すためにと教えてくれることは、ラウンドに行く前の準備がとても大切だということです。

ゴルフ場のホームページで、予約時にコースレイアウトを見ることができます。

コースによっての攻め方のアドバイスを掲載している場合があるので、参考にしてイメージを膨らませましょう。

コースレイアウトを見て、シミュレーションしたりイメージトレーニングしたりをラウンド前に行うことで、前向きにプレーすることができます。

池やバンカーの位置を把握しておくことでゴルフクラブの選択や攻め方が変わりますので、余計な打数を叩かなくて済みます。

これで間違いなく5打は縮めてくれる? 事前準備することで、ラウンドの感覚がいつもとかなり違って来ます。

結果はどうあれ、ゴルフに対する考え方や攻め方、攻略法はいつもより楽しくなりイメージとの比較もできます。

メンタル強化

メンタル強化

誰でも経験があると思いますが、今日は調子がいいから過去最高が出るかもと思った瞬間からボギーを叩きまくり、結局ホールアウトしたら変化がない。

精神と体が上手く反応しなくなってくると、思うような動きができなくなってしまいます。

上級者でもベストスコアを意識すると、これまでのゴルフとまったく違うプレーをする人がいます。プレッシャーがかかるといつも通りのプレーはできません。

その日のうちに元に戻すのはなかなか難しいので、一打一打を切り変えて一打に集中することです。

ゴルフはメンタルのスポーツと言われています。

ベストスコアを出すにはメンタル強化も大切です。上級者の方々は何だかんだ準備を怠りません。

イメージだけではやれませんが余計なことは考えないことです。

本当にゴルフをする上で目標があるのならば、前日とラウンド日くらいは没頭しましょう。

そんなにストイックにならなくては良いですが、一打には集中しましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆様、いかがでしたか?

これはゴルフに限らずすべてにつながるはずです。私生活から変えてみましょう。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

経験豊富な上級者が口を揃えて言うアドバイスとは?

カートに追加されました。


×