往年のクラブメーカー「POWER BILT」はどこへ行った?

getty

ゴルフクラブ

往年のクラブメーカー「POWER BILT」はどこへ行った?

0

POWER BILTというゴルフメーカーをご存知でしょうか?

私はこのメーカーのフルセット(ドライバー~サンドウェッジ)でゴルフを始めましたが、とても優しくて初心者の方向けに適したクラブを作られているメーカーさんです。

今はあまり目にする機会も少なくなったように思えますが、昔の契約プロを見ると、なかなかすごいメーカーさんだと分かります。

POWER BILTって?

現在はあまり名前が知られていないメーカーですが、特にご年配の方にはよく知られたアメリカ生まれのメーカーです。

その実績ですが、日本では杉原輝雄・青木功・尾崎将司という日本を代表するプロゴルファーが使用していました。

中でも、1983年のハワイアンオープンで青木功プロが見せた最終18番でのセカンドショット、直接カップインさせ逆転優勝した時に握られていたアイアンが、POWER BILT サイテーションのピッチングウェッジでした。

実績が半端じゃないんです。

なぜ初心者の方におススメなのか?

ゴルフを始めた時に使用してましたが、その特長はもっと後に気づきました。

現行モデルもそうですし、当時私が使用していたクラブもそうですが、とにかくよく飛びます!

何が理由か分かりませんし、テクノロジーがどうこうというのはない気がする(失礼ではありますが)のですが、ドライバーは中弾道で前に行き、アイアンはよく上がってくれます。

あとはやっぱり優しいということです!

それは許容範囲がということではなく、クセの少ない顔なので、違和感なく構えられることにより、自信を持って振りにいけます。

最後に

青木功プロやあのジャンボ尾崎が使用していたという、非常に実績のあるメーカーですので、なぜ今目にする機会がこんなに少ないのか不思議でなりません。

もしかしたら母国アメリカでは、アマチュアの間では今もかなりの使用率なのかもしれませんが……。

私も初心者の時に使用しておりましたし、現在も実家の庭で練習する時にも引っ張り出してきますが、とにかく良いクラブです。

かなりつかまりやすいので、実際にラウンドで使用することはないですが、飛距離だけで見れば今のエースアイアン(マッスルバック)は軽く超えてます。

量販店ではお目にかかれませんが、中古ショップではたびたび目撃しますので、初めてのクラブ選びで悩まれた際は候補の1つにされるとよろしいかと思います。

お値段もお手頃ですよ!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

往年のクラブメーカー「POWER BILT」はどこへ行った?

カートに追加されました。


×