ゴルフと体のプロが開発!『ネックラック』

getty

ゴルフと体のプロが開発!『ネックラック』

首に障害を抱えている方にとって、新幹線、バス、飛行機での長距離移動は大きな不安を感じるようです。

長時間同じ姿勢でいることや、乗り物からの微弱な振動に起因して体のしびれや、頭痛などが起こることがあり、長時間の移動を要する旅行が億劫になってしまうとか……。

そんな首の不安を解消するために生まれた『ネックラック』を紹介します。

ゴルフインストラクター×鍼灸師が開発

ゴルフインストラクター×鍼灸師が開発

長距離移動で首に不安を覚える人の悩みを解決したいという思いから生まれたのが『ネックラック』。

このネックラックは私がゴルフを教わっていた先生が生み出しました。その方はゴルフインストラクターと鍼灸師という2つの肩書きで仕事をしています。

ゴルフレッスンにおいても体のケアと技術向上を組み合わせたレッスン内容を展開しています。

先生自身が首に障害を抱えており、乗り物での長距離移動することに抵抗を感じていたようです。

そこで、自分と同じように首に不安を抱え、長距離移動を兼ねる旅行を断念している方、移動後の出張先でパフォーマンスを発揮できないサラリーマンの方の悩みを解決してあげたいという思いからネック(首)をラク(楽)にする『ネックラック』が生まれました。

5キロを支える一本の首

5キロを支える一本の首

5キログラムとは一体なんの重さでしょうか?

成人の方の頭の重さの平均がだいたい5キログラム前後です。

寝るとき以外、首は重い頭を支え続けています。長時間のパソコン作業や、スマートフォンの操作が首に悪影響なのはもちろん既知のことです。

意外と知られていないことに、乗り物が移動している間、常に微振動を体は受けています。

乗り物に乗っている間は、体の安定を保つために無意識にいろいろな所に力が入っているのです。

特に首は不安定で重い頭を支えているため、その負担は他の部位と比べて大きなものになります。

乗り物に乗っている間、首回りの緊張状態が続き血行が悪くなることで、頭痛や肩こりが起こります。

首に障害を抱えていない方でも無意識レベルで疲労が蓄積されていきます。

乗り物からの振動から首を守るには、頭を安定させて首回りを保護する必要があります。

ネックラックは、首回りを保持して乗り物から受ける振動から守ってくれます。

巷で言うネックピローと似ている気がしますが、すこし違います。

一般的なネックピローは首と座席の隙間を埋めるためものです。首が後ろへ倒れ過ぎたりして痛くなることは緩和してくれますが、左右の揺れにはまったく効果がありません。

対してこのネックラックは首とシートの隙間を埋めるだけでなく、首周りを優しく固定することによって、前後左右の振動から首を守り負担を和らげてくれます。

実際に使ってみた感想

まずネックラックを持って思ったのが『軽っ!』ということです。

そして裏表で高反発素材、低反発素材に別れています。さらに上下で首回りのホールド感が強いほうと、緩いほうがあります。

裏表上下で自分の好みに合わせて使用することができます。

新幹線に乗る時に早速ネックラックを使ってみました。

最初はいまいち使い方がわかりませんでしたが、リクライニングシートを少し倒して頭をネックラックに預けると、心地よいホールド感を得ることができました。

浜松から「こだま」に乗って新横浜まで約2時間、普段新幹線の中で寝て起きると少し首が痛かったり、疲れたりするんですが、ネックラックを使用したあとは違和感がまたくありませんでした。

首がしっかりとホールドされているため、走行中の微振動から守ってくれたのでしょう。

乗り物での長距離移動で首の痛みや疲労から頭痛などの悩みを抱えている方はぜひ購入を検討してみてはいかがでしょうか?

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×