何としても避けたい!男性のダサいゴルフファッション

getty

何としても避けたい!男性のダサいゴルフファッション

お気に入り

皆でワイワイ楽しむスポーツのゴルフ。

うっかりダサいウェアで行ってしまうと、周囲の目が気になってしまうのではないでしょうか。

どんなファッションをしちゃうとダサくなっちゃうのかを押さえておくことで、失敗しないコーディネートを目指しましょう。

サイズ感を間違えてはダメ

noimage

男性のファッションがダサくなってしまう原因の1つは、サイズ感のミスです。

動きやすいからといって、ブカブカサイズのポロシャツや、パンツを履いてしまうと、一気にくたびれた印象に。

せっかくのブランド物も、台無しになってしまいます。

特に、今は細身のシルエットが主流なので、しっかり試着をして、身体のラインに合ったサイズを選ぶことが大切です。

もちろん、襟元のボタンを開けすぎている、腰履きなどはもってのほかです。

柄と無地のメリハリをつけよう

noimage

周囲と差をつけるとき、柄物をうまく使うのは大切なポイントです。

しかし、上下とも柄物だったり、小物の柄とのバランスが悪ければ、途端にダサいファッションに変わってしまいます。

コーディネート初心者の場合は、全身無地に柄物の小物、あるいはトップスだけボーダーやチェックの柄物、などワンポイントで取り入れると良いでしょう。

また、全身無地の場合でも、色のバランスを間違えるとダサくなってしまいます。

コンセプトカラーを1つ決め、それに合うような色選びをしましょう。

たとえば、トップスを赤と決めれば、その他はホワイトやクリーム色など、バランス重視の色使いをします。

小物にまで気を配ろう

noimage

いくらウェアがおしゃれでも、ベルトやシューズ、キャップやバイザーなどの小物がダサいと台無しになってしまいます。

よくあるミスが、大きなバックルのついたベルトや、つま先のとんがったシューズ。

男性目線では格好いいかもしれませんが、女性には不評のコーディネートです。

シンプルで上品な小物を選びましょう。

形だけでなく、色も全体のコーディネートに合ったものを選びましょう。

ブラックやネイビー、グレー、ホワイトならどんなウェアにも似合うため、定番アイテムとして揃えておくと良いでしょう。

何よりも重要なのは、清潔なウェアを着ること

noimage

これまでサイズや柄、色味や小物について述べてきましたが、やはり何よりも重要なのは男性のファッションで、もっとも大切なのは清潔感です。

どんなにおしゃれで高価なウェアでも、皺だらけだったり、着古していたりすると、印象は良くありません。

きちんと洗い、アイロンをかけ、ホコリを取っておくことが、オシャレの基本です。

またサンバイザーやシューズなどの小物も、メンテナンスが欠かせません。

特に、履き古して泥だらけのシューズなどは、女性にドン引きされてしまいますよ。

ゴルフ場に出かける前に、余裕を持って準備をし、ウェアやグッズの汚れを確認すると良いでしょう。

お気に入り
surfandturf

海好き山好きのゴルファーです!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップH