むやみやたらな練習はしない!具体的なイメージをもって練習しよう!

getty

むやみやたらな練習はしない!具体的なイメージをもって練習しよう!

打ちっ放しにいくと、やたらとスイングして永遠と打ち続けている方がいらっしゃいますよね。

若い方ならいいのですが、年齢を重ねると疲労は募りますし、翌日の仕事にも影響してしまう場合もあります……(笑)。

打ちっ放しは当然ながらタダではありません。だからこそ意味のある練習を行いたいものです。

むやみやたらに、ではなく意味のある練習を行う方法について考えてみましょう。

練習のテーマを決めよう!

まず、練習に行ったときにその日のテーマを決めましょう。

例えば前回のラウンドで特に良くなかったポイントを復習する、ということでもOKです。

また反対に自分が得意なショットをより伸ばしていくための練習ということでも問題ありません。

いずれにしても、具体性をもって練習するということが上達においては非常に重要です。

そうすることで、なぜ自分がこの練習を行っているのか、その時にどのようなショットを打つべきなのかということが明確になり、練習内容が確実に豊かになります。

また具体的であるからこそ、次回以降のラウンドにおいての大きな自信につながるのです。

クラブを持っていき過ぎないのもアリ!

練習に行く際、キャディバッグすべてを持っていく方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、あえて本数を絞って練習に向かうのもいい選択です。

プロであれば、各ショットの確認作業という意味でもすべてのクラブをまんべんなく打つ意味がありますが、我々アマチュアの場合、そこにそんなに大きな意味はありません。

例えば、あえて7番アイアンを重点的に練習すれば、そのクラブに得意だというイメージを持ちやすくもなります。

得意なクラブで長所を伸ばしてもいいし、苦手なクラブを克服するように練習してもいいでしょう。

持っていくクラブが少なければより練習を洗練させることができます。

漫然とした練習は意味なし!

漫然と練習をしていてもお金と時間の無駄です。

トップアスリートは確実に練習に課題をもって挑みます。

そう考えると我々アマチュアはより練習に課題を持たなければ上達することはできないのです。

なぜ練習するのか、どういったミスが次回のラウンドでは起こらないようにするのか、としっかり考えた上で練習を行うようにしたいですね。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×