自分に合うドライバーとは?自分がドライバーに求めるものを確認しよう

getty

自分に合うドライバーとは?自分がドライバーに求めるものを確認しよう

お気に入り

最新のドライバーは毎年開発されています。

ゴルファーであれば、最新のドライバーには格別の興味を持たれるのではないでしょうか?

しかし、どれだけ最新のテクノロジーが詰まっているドライバーだといっても、自分に合っていなければ意味がありません。

では、そもそも自分に合ったドライバー選びとはどういったものなのでしょうか?

そもそもドライバーに何を望む?

そもそもドライバーに何を望む?

getty

そもそも、あなたはドライバーには何を望んでいますか?

筆者の場合、距離よりも安定性、確実にOBを減らしてくれるドライバーがあればそれは「買い」です。

一方、よりレベルの高い上級者なら、安定性よりも飛距離を追い求めるかもしれません。この時点でドライバーに対する選び方の視点が大きく異なることがわかると思います。

ドライバーに対する悩みは千差万別。その悩みを万能的に解決してくれるのが最新のドライバーかというとそうではありません。

つまり、ドライバーを選ぶということは「自分のゴルフにおいてドライバーとはどういった役割を持つクラブなのか」ということを見定めることがまずは重要になります。

悩みが決まったら?

悩みが決まったら?

getty

自分の悩みが決まったら、それに合ったドライバーを選択してみてください。

ドライバー(ヘッド)よりも重要だといわれるシャフトとの関係性も重要。

価格の高いドライバーの購入を検討しているのであれば、極力いろいろなシャフトで試打してみることをオススメします。

そうすることで本当の意味で自分に合ったドライバーなのかということを確かめることができるでしょう。

また、比較的安価で購入できるドライバーなのであれば、いろいろと試してみるという手段もありです。

自分がドライバーへ求めていることが明確であり、実際にその考えに合ったドライバーを購入したとしたとします。

その上で思いと現実でのギャップが次のドライバー選びをより洗練したものにしてくれるでしょう。

最新のドライバーを買うのもいい! でも!

最新のドライバーを買うのもいい! でも!

getty

最新のドライバーを購入する、というのも事実ゴルフを楽しくしてくれるものです。

ただし、それが自分に合わないのであれば購入することに意味はありません。

年々、飛距離が出るドライバーが登場していますが、それがスコアに直結するのかというと甚だ疑問です。

ゴルフが上手くなってくると、バックティーから打つなどの選択肢が生まれてきます。その時にはある程度の飛距離が必要です。

今は、確実に自分のスコアを引き上げてくれるドライバーがあなたには必要なのではないでしょうか?

お気に入り
TeruさんGolf

ゴルフを初めて丸2年! この2年で培ってきた知識や経験を使って、同じ年代の方、これからゴルフを始めようと思う皆さんに楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA