腕を振るな!腰を回せ!

何度も書いてますが、飛距離アップといえばヘッドスピードとミート率をバランスよく上げることです。

インパクト直前まで腕を振るのをやめてみましょう。

イメージを膨らませることが大事

イメージを膨らませることが大事

イメージはでんでん太鼓といつも言い聞かせてますが、腕の力に頼りがちになってしまいます。パワーの源を追求しましょう。

どうも奏son輝です。

今回は腕の振りと下半身の使い方について書きたいです。自分のスコアアップにつながったのが、腰の使い方とバランスです。

どうしてもパワーに頼りたいですが、まず腕の振りについてお話をする前に上半身と下半身の動きについてです。

スイングの切り返し以降は下半身主導で回転していきなさいと言われます。嘘かと思いますが本当にそうなんです。

腕の振りだけでスイングスピードが得られませんので、腰を使い大きな筋肉がある下半身を積極的に動かすことが科学的にもできるんです。

下半身から動き出すことはほとんどの皆さんが分かっているとは思いますが、やってはいけないのは下半身と上半身を同調して動かそうとすることです。

切り返し以降のダウンスイングで下半身が先に動き上半身は遅れて動いていくイメージでちょうどいいのです。

トップの位置をキープするイメージです。

そこからは自然現象で、下半身が先行して回転することでボールに力が伝わり、上半身がボールに対して正面を向いた状態でインパクトを迎えることでミート率や方向性を高めることができます。

チカラを入れて振るな

チカラを入れて振るな

ゴルフスイングにおいて腕の役割は非常に大きいです。

がしかし使い過ぎると痛い目にあいます。ゴルフクラブと連動している部分ですのでその重要性は分かります。

腕は本来人間の体の中で一番自由に動かしやすいところです。脳が指令して一番思い通りにいくところかもしれません。

動かしやすいということがメリットですが、自分の振りやすいスイングを作りがちで、結果悪影響を及ぼしやすいかもしれません。

当たり前ですが、腕は上半身と連動して動くべきです。というよりはすでに連動しているものです。

悪い例としては、多くの人が切り返し以降リードする下半身の動きと同じタイミングで腕を振り始めてしまっていることです。

そうすると上半身より常に手の位置が先行してしまい、クラブヘッドが手元より遅れてインパクトを迎え、振り遅れが起こります。そして嫌いなスライスが出たりします。

結果的に方向性は安定しません。下半身やシャフトのしなりまたは性能が遺憾なく発揮されませんから、無論ヘッドスピードも上がりません。

バランス、そしてチカラを抜く。

バランス、そしてチカラを抜く。

腕を振り始めるタイミングが早過ぎるのが振り遅れを招いているなんて本末転倒です。

ダウンスイングの最後にインパクトが来るくらいで十分だと思います。

ダウンスイングからインパクトまでは一瞬の動きですので、自由に動かしやすい腕はついつい動き出してしまいます。

インパクト直前で腕を振り始めるイメージでちょうどいいのです。

インパクト直前で振り始めるイメージが涌きにくい場合は、インパクト直前で少しだけチカラを入れると考えても構わないです。

インパクト直前まで腕を振るのをガマンできれば腕の振りと上半身の動きが同調します。

インパクトで腕とシャフトとクラブヘッドが一直線になり、しっかりボールをミートできます。

プロのスイングはそれでもまだ後ろからスイングしてるように見えますが、最初は慣れるまで一直線で構いません。

そのうちシャフトのしなりや下半身リードの動きを効率的に使えますから、振り遅れもなくむしろヘッドスピードも上がっていきます。

ヘッドスピードを上げミート率を上げ方向性をよくしたいなら、インパクト直前まで腕を振るのをガマンしてみてください。

残すイメージを脳に植え付けましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか? チカラを抜いて打ってもチカラを入れて打っても距離はさほど変わりません。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

腕を振るな!腰を回せ!

カートに追加されました。


×