ドライバーで真っすぐ遠くに飛ばす4つのポイントとは?

getty

ドライバーで真っすぐ遠くに飛ばす4つのポイントとは?

いくらクセ球があるからといってもコースによっては限界があります。特徴を生かすのもいいですが、やはり真っすぐ遠くに飛ばすことを考えていきましょう。

経験豊富な方からのアドバイス

経験豊富な方からのアドバイス

先日ゴルフコンペを初めて開催しましたが、感謝の言葉に尽きます。人のつながりは本当に大切です。

そしてこのGridgeの記事を読んでくれている人がたくさんいてうれしかったです。

やはり個人撮影写真を喜んでくれている人は多く、続けて良かったと感じました。

どうも奏son輝です。

先日のゴルフコンペにてOBを4発叩きました。そのうちドライバーで2発、スプーンで1発、ユーティリティで1発という結果です。

やはり飛距離を稼ぎたい傾向にある自分は、飛びますが曲がり幅もデカイということが分かりました。

そんな悩んでいる私に経験豊富な方からアドバイスいただいた、ドライバーを真っすぐ打つポイントは4つありました

まずはグリップを短く握ることです。そしてスタンス幅を狭くすること。そしてできればティーを低くしコンパクトに振るということです。

この4つを意識すればドライバーの曲がりを抑えられます。

まずはグリップですが、指2本分くらい短くグリップします。ヘッドスピードは少し下がりますが、ミート率が上がり曲がりにくくなり真っすぐ飛びます。

グリップを長く持つとヘッドスピードが上がり飛びますが、安定性がなくなります。

スタートホールでは特に意識してグリップし、真っすぐ飛んでいきガッカリすることはなくなるでしょう。

その時の注意点として、短くしたからといってグリップは強く握らないことです。やはりポイントはリラックスです。

スタンスを狭くするという方法も

スタンスを狭くするという方法も

リラックスでいうのなら、スタンス幅にも気にかけるべきでしょう。個人的には7番アイアンのスタンスの幅がベストでしょう。

狭くアドレスするだけで余計な体重移動がなくなり身体が回転しやすくなるので、軸が安定しやすくなる気がします。

ドライバー以外のクラブでも応用できますので、球が真っすぐ行かないときはぜひ試してみてください。

ただ注意点はスタンス幅が狭くなり下半身が暴れてしまいがちになることです。

上体はあくまでもリラックス。力を入れずにリラックスしながらも下半身がブレすぎないように気をつけましょう。ポイントはリラックスです。

あと他の方法は、ティーを低くするといいかもしれません。レベルに打てるのでミート率が高くなり、ドライバーの曲がりの幅が抑えられ真っすぐ飛びます。

ティーを高くするとドライバーの軌道がアッパーブローになりやすいので、バカ当たりすれば飛ぶのですが曲がると大きくコースを外れる可能性があります。

ドライバーショットを確実にフェアウェイに運ぶためには、ティーを低くしてしっかりとミートすることです。大事なのはミート率です。

自分も注意していますが、下からのあおり打ちでプッシュスライスになる方やチーピンが多い方は、ボールの位置を低くするといいでしょう。

絶大なる効果はあると思います。

鋭くコンパクトにスイング

鋭くコンパクトにスイング

あとはコンパクトに鋭く振り抜くことは大事だと思います。コンパクトといっても弱く振るということではありません。しっかりインパクトしましょう。

フルスイングは無理に力を入れてしまうとトップで身体が伸び上がって前傾姿勢が維持できないです。

インパクトで突っ込んだりするので方向性が悪くなり真っすぐ飛びません。

コンパクトなスイングだと余計な力が入らず身体がブレなくなるので、トップでできたパワーをボールに伝えることができます。やはりリラックスです。

ヘッドスピードも上がるしインパクトすることでミート率も上がり、フルスイングと同じくらいの飛距離が出せます。

そして真っすぐ真っすぐ遠くに飛ぶんです。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか?

少しは参考になりましたか? ラウンドするには最高の季節に入ります。頑張りましょう。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×