ゴルフは風が大敵!暴風では対処のしようがない!ラウンド実戦解説

getty

ゴルフは風が大敵!暴風では対処のしようがない!ラウンド実戦解説

天気は良いのに、風が半端なく吹き続けて、その激しさが増して、対処のしようがないような状況でラウンドすることになりました。

さらに、グリーンの速さも半端ではなく、風の影響に輪をかける難しさの予感がありました。

ゴルフでは良く言われますが、「風よりも雨のほうが良い!」というのを痛感したラウンドを実戦で解説します!
 

このような予報で心配していましたが、想定以上の厳しさになりました!

この日の市町村別の天気予報では、風速は朝から11時頃まで5メートル、その後7メートルになるということでした。

しかし、朝の練習時からとても5メートルの風じゃないなぁという感じで、9時過ぎのスタート時点で、すでに7メートルぐらいの風を感じました。

このまま何とか持ってほしいとの期待は無残に打ち砕かれ、風はどんどん強くなっていきました。

前半の上がり3ホールはフォロー、フォロー、アゲンストでした!

上がり3ホールの最初は、距離は150ヤードちょっとのショートホール(パー3)ですが、強烈なフォローで、ピンフラッグがしなっていました。

風に乗れば間違いなくオーバーするので、2番手下げてトップ気味の球を打ち、花道に止まりました。

しかし、ここからのアプローチが風に乗り、傾斜を上っていきました!

次は短いミドルホール(パー4)で、ティーショットはフォローの風に乗り、ピンまで90ヤードの場所まで飛びました。

2打目はピンまで強いフォローで、58°のウェッジでのショットは完璧でしたが、風に乗り奥のラフまで転がりました!

最終は、打ち上げのロングホール(パー5)です。

この風の中でナイスショットでしたが、2打目はものすごいアゲインストで、少しフックしたら、果てしなく曲がり、1ペナ(ペナルティ)まで落ちていきました。

前半の最終ホールを終わる頃には、風はゴルフで年に1回もないくらいの突風となり、グリーン上のパットにも影響する風でした! 

後半をスタートする頃には、突風が混じることがあり、立っているのも大変な状況に!

昼過ぎに、後半をスタートしました。

まずは412ヤードのフォローの打ち下ろしのミドルホールでしたが、このホールが大変でした。

ティーショットの距離が出ますが、2打目の距離感と奥に切られたカップに、とても苦労することになりました。

ゴルフプレーで、初めてグリーン上のパッティングで、風を計算しなければならない状況でした。

パットするのに置いたボールが動いてしまうのではないかというぐらいの風で、カップに対して、斜め上からのスライスラインのパットが、カップ下からの強烈な風で、曲がずに通過するということになりました。

これには、全員唖然としました!

その後も、風は強くなる一方で、帽子が飛ばされるのはもちろん、フェアウェイを歩くのも難儀するほどでした。

この突風に翻弄されて、ショットを考えるのも大変で、特にグリーン上は、グリーンの速さと風が一緒になり、距離感がまったく合わない状況が続きました。

最後は、皆んなで笑うしかなく、これもゴルフですね!

最後の最後まで風が弱まることはなく、吹き続けました!

時折、10メートルを超える風で、ピンフラッグは表紙の写真のようにしなっていました!

良いショットも風に流されて、ペナルティエリアに飛んでいきました。

こうなると、スコアどころではなくなるものです。全員が、風の影響でスコアはメロメロになったのは言うまでもありません。

プロは、こんな風の日でも、スコアを崩しながらも何とかラウンドしますよね。さすがです!

我々も、このような風ですが、何とか踏ん張ることを覚えないといけないんですね! と、笑って話すのが精一杯でした。

しかし、本当に良い思い出になりました。

今後、このような風でも何とかしのいでいける自信は持てました!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×