ティーショットでフェアウェイウッドを上手く使えるようになろう!

getty

ゴルフ初心者

ティーショットでフェアウェイウッドを上手く使えるようになろう!

0

距離を抑えて打つつもりが意外にも飛んでしまったという人はたくさんいます。

ゴルフはドライバーを絶対に使わないといけないわけではありません。

芯に当たる確率

またまたシャンクが出てしまいました。ここまで来ると気持ち、メンタルのような気がします。

落ち込んでる暇はありません。どうも奏son輝です。

スプーン(3番ウッド)とドライバーを比較すると、スプーンはシャフトがやや短くて、当たり前ですがヘッドが小さいです。

ラウンド中のゴルフあるあるですが、「スプーンのほうが飛ぶんだよね」という会話がたまに出てきます。

ドライバーよりも飛ぶというのは本当でしょうか?

野球でも一緒ですが、短く持てばミート率は上がります。ゴルフも同様にシャフトが短ければミート率が上がります。

シャフトが短いのでスイングがアドレスの位置に戻りやすいことが1つと、シャフトが短いので取り扱いやすさも手伝い、芯をボールにヒットさせることができているのでしょう。

この辺の考えはごく当たり前でありちょっと考えたらすぐに分かります。少しだけ詳しく紐解いていきましょう。

スプーンを有効に

ドライバーよりもシャフトが短いので安心感があるというのは気持ち的に大きいです。

自信を持ってスイングすることができ、その自信がナイスショットにつながるように感じます。メンタル面はかなり大きいかと思います。

ミート率を上げていこうなんて簡単に言葉にしますが、フェース面の芯でしっかりとボールを打つということは難しいです。

小さなボールに小さなフェースをものすごいスピードでヒットさせるのですが、ドライバーよりは簡単な気がします。

その理由はヘッドの形状やフェース面の形状にあります。スプーンはフェース面がシャローフェースとなっているモデルが多いし、フェースが上下に薄くなってます。

しかもスイートスポット近くでボールを打つことができますし、スイングプレーンの中に収まればフェース面に対して芯の割合も大きいです。

これらが「スプーンは飛ぶ」と感じる大きなポイントだと思います。

併せてスプーンのほうがドライバーと比べて重心距離が短いということもあります。

ヘッドがアドレスしたときの位置に戻りやすいですし、操作も簡単な感じがします。

スプーンの場合、ドライバーに比べてフェースプログレッションが大きくなっています。出っ歯みたいな感じを受け止めてください。

そういうことを踏まえると、つかまりが良いですし右へのすっぽ抜けを防げます。

性能をよく知れば簡単なクラブ

最近のスプーンの流行りは浅重心・低重心で、スピン量が少なくなっており飛距離が出るとのことです。

ドライバーが苦手ならば安心して打てるスプーンを使うということは良い考えだと思います。

しかしドライバーをしっかり打てるように練習をすることがとても大切です。ドライバーを使うといろいろな問題が発生しますが他のクラブで同じです。

ドライバーだけ問題があるわけではありません。すべてにおいて原因があるはずで、固定観念によりドライバーが使えなくなっているのだと思います。

そうは言っても2番ユーティリティーや3番ウッドで良いのですが、ティーショットではある程度の距離が稼げるような自信を持って振ることができるクラブを作っておくということは大切です。

ティーショットでの目的を明確にし確実に実行することが重要です。

OBを減らしたいのか、飛距離を出したいのか、フェアウェイキープをしたいのか、悩みはたくさんです。

自分の思い通りのティーショットができるクラブを作るということはとても大切なことです。

そしてそれがフェアウェイウッドであれば距離もしっかりと稼げます。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしょうか? 自分を作り上げていく中でのフェアウェイウッドを理解していただけたでしょうか。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ティーショットでフェアウェイウッドを上手く使えるようになろう!

カートに追加されました。


×