アイアンなしでゴルフをやってみたらどうなった?

アイアンなしでゴルフをやってみたらどうなった?

昨今、アイアンのロフトのストロング化が進み、私がゴルフを始めた頃に比べると、おおかた2番手(6度から8度程度)ロフトが立ちました。

ゴルファーのバッグを覗いても5番アイアンからという人が少なくなり、7番からという人も多いですね。

昔も3番アイアンだけキレイで使っていない人が多く、その辺りは難易度に差がないと……ということで? ここは思いっきり未来志向で? 番手アイアン全部脱いちゃえ! ラウンドを! (´∀`*)ウフフ

ウッド4本は~

ウッド4本は~

まず、ドライバーはゼクシオの「お達者クラブ」←そういう番組があったのを年配者なら覚えているよね!

ロフト17度のイージークラブです。まぁ、簡単に言えば大きな5番ウッド! これで「飛ばさない白ティーゴルフ」を行います。

フェアウェイウッドは、7番・9番・11番まで入れてショートアイアンの代わりに、11番ウッドでコントロールショットをします。

結論から言うと、ショートアイアンほどの精度は出ませんが、ショートアイアンでミスしてショートすることが多い通常のラウンドより、ちょっとばかしミスをしても、ピンまで届くことが多い!

意外と攻撃的なクラブになる! ということが判明いたしました!

アイアンレスなので~

アイアンレスなので~

そして、当然のごとくアイアンレスなので、あとはウェッジ類のみ!

ちょっと距離が欲しいので、45度のストロングロフトウェッジを投入!

あとは、普段使ってる53度と57度のウェッジです。この3本で、だいたい120ヤード以下をこなします。

流れとしては、飛ばないドライバーでフェアウェイキープ、距離に応じてフェアウェイウッドをチョイスして120ヤード以内になったら、ウェッジ! といった感じです。

気づいたんですが、通常のアイアンを使ったラウンドと、ほぼ変わりなく、なんの不自由もなかった! (゚∀゚)

そして、やはりスコアはウェッジゾーンに来てから作られる!

11番ウッドは飛ぶウエッジ

11番ウッドは飛ぶウエッジ

ショートウッドというと、お年寄りクラブという先入観があると思いますが、使ってみると楽ちんなことが分かります。

写真は奥行きのないグリーンのショートホール(パー3)ですが、高さの出るショートウッドで打つと、まるでウェッジで打ったかのように、上から落とせて止まります。

無論、風の強い日は不利になったりもしますが、片山晋呉プロもショートウッドを巧みに操るゴルフをしてますよね!

こうした変わり種ゴルフも含めて、ハーフセットラウンドでも、今のスコアと同じか、それ以上のスコアで回って来られることを実感!

セベケンの「断捨離ゴルフ?」けっこう面白いですよ!

いろんなゴルフ場でも「ハーフセットコンペ」なども開かれており、けっこう目からウロコだったりするもんです。

それに、何よりもバッグが軽い! どうです? お試しあれ! (´∀`*)ウフフ

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×