ピンに絡む!バーディーチャンスが増える!ライン出しのススメ

getty

ピンに絡む!バーディーチャンスが増える!ライン出しのススメ

お気に入り

Hello!

サラリーマンゴルファーのカリーノです。

ティーショットが上手くいってから、ミスをしてパーが拾えないことがありますよね。

ティーショットの壁をクリアしても、次のショットが上手くいかないと良いスコアになりませんよね。

今日はバーディーが狙える打ち方のライン出しを紹介します。

ピンに向かっていくショットは気持ちいいですよー!

そもそもライン出しって何?

そもそもライン出しって何?

getty

そもそもライン出しって何ですの? って思われる方もおられるのではないでしょうか。

ライン出しは、ピンに向かって真っすぐに向かっていくショットです!

プロの試合などでは必ずしも毎回フルショットで振っているわけではなく、アプローチのようにコントロールしながらショットしているのをご覧になっているかと思います。

フルショットではないので、番手を上げてスリークォーターショットでピンを狙っていきます。

このショットだと球の高さやスピン量も抑えられるので風の影響も少なくできるのがメリットです。

また、フルショットギリギリのショットではないので精神的にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

ライン出しの打ち方①

ライン出しの打ち方①

getty

まず、ライン出しとフルショットの違いはフェースの使い方です。

このショットは極力左右の曲がりを抑えたいので、フェースの動きは極力抑えないといけません。

構えた際の腕の三角形を崩さずボールをヒットします。

右の手のひらとフェース面が同じ方向を向いていると思いますので、その手のひらを真っすぐ押し出していくイメージです。

このショットはコントロール重視なので振り抜くよりも押し出していくイメージです!

ライン出しの打ち方②

ライン出しの打ち方②

getty

このショットはしっかりボールを下からすくうように打つのではなく、上からしっかり叩かなくてはいけません。

いわゆるダウンブローでボールを叩かなくてはいけません。

スリークォーターで腕の三角形を崩さず、フェース面をコントロールしながらダウンブローでボールを叩くのです!

それができれば、ピンに絡むライン出しになります。

ピンに向かって狙い通りの球が出た時は最高に気持ちいいですよ!

コースを攻める引き出しが増えるとバーディーやパーの確率が上がると思いますよ。

ぜひ日頃の練習で試してみてください!

Bye!

お気に入り
カリーノ

Hello! サラリーマンゴルファーのカリーノです。 競技・ENJOY志向でゴルフをしています。 レッスンネタやギアネタを主に発信していきます。 また、社会人からゴルフを始める人向けに役立つ情報もUPします。 CHECKよろしくお願いします!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
求人