重さ・硬さ・トルク・キックポイント……。自分に合ったシャフト選びが重要!

getty

重さ・硬さ・トルク・キックポイント……。自分に合ったシャフト選びが重要!

始めた頃は「道具なんて関係ない。腕を磨くほうが大事だ」と思っていました。

今も腕を磨くことに変わりないですが、道具もきちんと選ぶべきだと思います。

何を重要視して装着するべきか

何を重要視して装着するべきか

ドライバーが不調に陥りそうでしたが、昔みたいにスランプに入ることなく対処法が何となく分かってきました。

なかなかゴルフが楽しい奏son輝です。

今回は一番こだわりがなくなってしまうシャフトについて話したいです。

ベテランゴルファーの方々がよく言われます、ドライバーはヘッドじゃなくシャフトだというくらい重要なことです。

ドライバーやアイアンは既製品か中古を購入することはありますが、なかなかシャフトまでは選べません。

お気に入りのドライバーがお値打ち価格にて店頭に並んでいても、お気に入りのシャフトまで装着してあることはなかなかないです。

簡単に言うならば、自分に合ったシャフトとは、スイングにシンクロしてくれるシャフトのことです。

しなり感があり力を余すところなくボールに伝えられるとどんなに楽でしょう。

自分に合ったシャフトが装着されたクラブを使えば、スイングしやすいだけでなく、ボールの初速が速くなり飛距離も出ます。

しかし自分に合ったシャフト探しはなかなか困難を極めます。重過ぎると振り切ることができないし、軽過ぎるとスイングが不安定になります。

レベルや体力に合った重さのクラブを選ぶことがかなり重要です。

あまり重いシャフトを選んでしまうとオーバースペックとなり、ラウンド後半にスイングが不安定になるので注意です。

1日のラウンドを通して自分に合ったシャフト選びとなるとまたまた困難を極めますが、最高のシャフトと出会った時、スコアは劇的に変わるはずです。

重さ硬さキックポイント

重さ硬さキックポイント

シャフトの硬さにもいろいろ種類があります。

Lはレディース、Aはアベレージ、Rはレギュラー、SRはスティッフレギュラー、Sはスティッフ、Xはエキストラの6種類が主要な分類です。

柔らかいシャフトは飛距離が出やすくなります。反面ミスすると曲がりが大きくなる恐れがあります。

逆に硬いシャフトはボールをミートしやすくなりますが、パワーがないと飛距離が出にくいといえます。

まだまだ勉強中ですが、シャフトの重さやフレックスとともに表記されているのがトルクです。

シャフトのねじれ度合いを示す数値です。数値のとおり数字が大きいほどよくねじれるシャフトという意味になります。

タイプによって適正トルクは異なりますが、話の中で良く出てくる基準は、ドライバーの平均的なヘッドスピード42メートル/秒のゴルファーの場合で、球を曲げたくない人は3.5以下で球をつかまえて、飛ばしたい人はトルク3.5以上のものを選ぶといいでしょう。

試す価値は十二分にあるはず

試す価値は十二分にあるはず

あと気にしておきたいのはキックポイントです。

キックポイントとは、シャフトの一番しなるポイントで、おもに4つのタイプに分けることができます。

手元が硬く先端が柔らかいタイプが先調子になります。

手元が柔らかく先端が硬いタイプが元調子です。

手元が硬く先端も硬いタイプが中調子になります。

手元と先端の両方が柔らかいタイプがダブルキックになります。

自分のタイプがなんなのかは、ゴルフショップや試打会などで調べることは可能です。

先調子は初心者向けで、ボールが上がりやすくヘッドが走りやすい気がします。

元調子はボールが上がりづらくなるので少しだけ上級者向けかな。

中調子はオールマイティでタイミングが取りやすく、誰でも使えるといった印象があります。

ダブルキックはタメが作りやすくつかまりもいいシャフトです。

自分のスイングの特徴と目的でどのタイプのシャフトが自分に合っているのかを判断することができます。

トップの位置でのシャフトのしなり具合が自分のタメです。強さに合わせてシャフトのタイプが決まってきます。

飛距離を求めるのか、それとも安定感を求めるのか、自分の目的によって選択するシャフトのタイプが変わってきますのでじっくり勉強しましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがですか。

たかがシャフトされどシャフトなんです。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×