ピンG410 PLUSドライバーを試打してきた感想
ゴルフクラブ

ピンG410 PLUSドライバーを試打してきた感想

0

2019年3月21日発売予定のピンG410 PLUSドライバー。

ピンのドライバーは安定感抜群な印象を私個人的に持っておりますが、今回の新製品であるG410 PLUSはどのようなドライバーとなっているのか?

そんな気になる情報を、実際に私が試打してまいりましたので、感想を伝えていきます。

ピンG410 PLUSのデザイン

ピンG410 PLUSのデザイン

黒ベースに赤色でラインと「410」の文字。

大きく「PING」のロゴが入っており、非常に高級感がありかっこいいです。

マットな仕上がりも私個人的には好きなデザインです。

実際試打した感触

実際試打した感触

全体的なバランスを率直に感じたままに伝えると、率直に「扱いやすいドライバー」だと感じました。

難しい印象を持つことはなく、安定したボールを打っていけるようなドライバーだと私は感じました。

打感についても、さしあたって悪い印象はないですが、特別良いと言った感じでもございませんので、いたって普通というところでしょうか。

ウェイト調整機能付き

ウェイト調整機能付き

この写真の通り、手前に「DRAW」の文字があり、奥側に見辛いですが「FADE」の文字があります。

今回私が試打した時は中間でしたので、スクエアだったのでしょう。

恐らくこのウェイトでヘッドの動きを変えてフックやスライスを調整するのでしょう。

どの程度のヘッドスピードがあれば使いこなせるのか?

私個人的な感想となりますが、ヘッドスピード40メートル/秒(m/s)なくても余裕で使いこなせるのでないのかという印象を受けました。

つかまりが良いですが、つかまり過ぎることはなく、直進性能に優れたドライバーだと思いますので、フェアウェイをとらえやすいのではないでしょうか。

逆にヘッドスピード45m/s以上のハードヒッターの方はシャフトをしっかり選ばないと、ボールが吹け上がって飛距離をロスしてしまう可能性があるように思いますので注意が必要です。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ピンG410 PLUSドライバーを試打してきた感想

カートに追加されました。


×