ピンG410 SFTドライバーを試打してきた感想
ゴルフクラブ

ピンG410 SFTドライバーを試打してきた感想

0

2019年3月21日発売予定のピンG410 SFTドライバー。

ピンのドライバーは常に評価が高いように私は感じておりますが、そんなピンの新製品ドライバーG410 SFT。

実際に私が試打して確かめてまいりましたので、試打した感想をお話ししていこうと思います。

ピンG410 SFTドライバーのデザイン

ピンG410 SFTドライバーのデザイン

黒ベースに赤色でラインと「410」の文字。大きく「PING」と入っており、非常に高級感がありかっこいいです。

マットな仕上がりもG410 PLUSドライバーと同様のデザインで、私個人的には好きなデザインです。

形は、こちらのG410 SFTドライバーのほうが横に広いようなデザインとなっておりますので、恐らくこちらのほうがアベレージゴルファー向けの仕様になっているのでないかと、デザインだけでも感じてしまいました。 

実際に試打した感想

実際に試打した感想

全体的なバランスを率直に感じたままに伝えると、楽にスイングすることができて、楽にボールに当てることができるドライバーだと感じました。

恐らく初心者〜中級者をターゲットにしているのだと思いますが、実際に試打してきたときは、私も通常よりヘッドスピードも上がってましたし、とにかく振りやすかったですね。

打感については、良くもなく悪くもなくといったところですが、以前私が執筆した試打記事で例えると、キャロウェイのエピック フラッシュよりも柔らかく、テーラーメイドM5/M6ドライバーよりも硬いような打感です。

どの程度のヘッドスピードがあればG410 SFTドライバーを使いこなせるのか?

私個人的な感想となりますが、ヘッドスピード40メートル/秒(m/s)以下の方や、ドライバーが曲がってしまってどうしようもないような方にお勧めしたいです。

とにかく安定してるし直進性能が高く、曲がりにくいドライバーとなっておりますので、OBで苦しんでいる方は、もしかしたら多少軽減されるのではないでしょうか。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ピンG410 SFTドライバーを試打してきた感想

カートに追加されました。


×