スクエアなインパクトを身につけることこそが上達への近道です

スクエアなインパクトを身につけることこそが上達への近道です

お気に入り

持論かもしれませんが、いくらフォームがイマイチでもインパクトが良ければきれいに前に飛んでいくと思います。

簡単にポイントを押さえましょう。

スクエアにスクエアに!

スクエアにスクエアに!

最近の調子の良さは間違いなくドライバーの方向性だと感じます。ティーショットが真っすぐ行くと気分は悪くはないものです。

どうも奏son輝です。

ゴルフではインパクトがゴルフボールの行方を決めていきます。

たくさんの悩みを抱え試行錯誤し、自分なりに上手くインパクトできる形ができ上がるはずです。

手応えのある、そして自分自身が納得のいくインパクトを体感できる重点はどこにあるのかを探すことで、スコアは必ず変わってくるはずです。

打球が真っすぐにきれいな弧を描いて飛んでいくところを見るのはとても気持ちが良いものです。ゴルフは調子の良い時悪い時がはっきりと出るスポーツです。

ナイスショットが連発していたのにいきなりミスショットの連発なんていうのはザラです。

原因はたくさんありますが、クラブがボールに当たって始まるスポーツです。

どのみちインパクトの状況が変わってしまっているため、ボールはあらゆる方向に飛んでいきます。

メンタルのスポーツでもありますので、小さなズレが結果大きな代償を生んでしまいますが、それを最小限にすることで改善の余地は必ずあります。

強くて飛距離のあるボール

強くて飛距離のあるボール

当たり前ですが、強いインパクトが飛距離の結果に反映されます。

スイングの流れでタメを作りパワーをインパクトにロスなくぶつけることで飛距離が伸びます。

まずボールはどこに置いてますか? 体の位置のどの部分に置くかということでインパクトの位置も変わり飛距離や方向性も変わります。

多くの初心者ゴルファーは、タメが作れてなく、右手の返りが遅くなり、フェースが開いてパワーが出し切れてないままインパクトするのでスライスが出ます。

いわゆる手打ちです。

バックスイングでひねってできたタメをインパクトのところで出し切ることで、すべてのチカラが乗り移り力強いインパクトを生み出します。

トップやダフりが多いのはスイングの流れで体が上下して動いてインパクトしているからです。

ゴルフで力強いインパクトを出すためには打ち急がないことです。

当てないといけない意識がいき過ぎて、力んで速い振りで強く当てようとして、ボールの位置で無意識に力が入り過ぎてしまいミスショットにつながります。

ゆっくりなスイングを心がけて心地よいリズムを探していきましょう。

インパクトの位置をきちんと把握することで、スイング自体も自然に改善されて飛距離のあるボールを生み出していきましょう。

流れの中にボールが当たっているイメージ

流れの中にボールが当たっているイメージ

ボールに当てようとしたり飛ばそうとすると力みが入ってしまいます。あからさまに症状が出るのがグリップです。

飛距離は、インパクト時に体をひねって作ったタメをどれだけインパクトの力に変えられるかということです。

力んでグリップを握り締めてしまうと、せっかく作ったタメを抑えてしまうことになります。

インパクトをスクエアの状態で迎えるには、スイング軌道のチェックが必要です。

チェックは自分でやるには難しいですが、最近は携帯のカメラもあります。

しかしそれを評価してもらうのは自分より上級者の人に見てもらうのがベストです。

分からないまま形だけ作ろうとしても後からボロが出ます。

インパクトした後にフェースでボールをグッと押す感覚が良いフォロースルーにつながり、飛球線とヘッドの軌道がほぼ一致した形が良いインパクトを作っていきます。

ゴルフで良いインパクトをするためには、バックスイングで右足に乗り切った体重を左足に移動していくことを重要視します。

フィニッシュの時に完全に左足に体重が移っていくのが理想ですが、多くの人がインパクト後にも右足に体重を残したままです。

しっかりした体重移動とインパクトで真っすぐ飛距離あるボールを作り上げ、スコアメイクも楽しんでいきましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか?

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人