ダフリの原因は様々!原因を突き止めてダフリを解消しよう!

お気に入り

最近、ウェッジなどのロフト角度が多いクラブで良くダフってしまいます。

面が広いクラブだと当たってくれるのですが、原因を追求してみましょう。

地球を愛しすぎて地面を叩く

地球を愛しすぎて地面を叩く

getty

またまたシャンクが出てきました。好調のまま身体は持続していきません。また1から出直します。

どうも奏son輝です。

最近のラウンドで唯一不安要素はダフリです。改めてご説明しますが、ダフりとはボールの手前の地面を打ってしまうことです。

インパクトの際に構えた時より身体がボールに近づいてしまうために起こりやすい現象です。

後は振り下ろす際の手首のリリースが早かったり、頭やヒザが沈み込んでしまうなどもあります。

様々な理由が考えられますが、どの理由でダフってしまっているのかを携帯で動画を撮るなりしてまずは見極めてください。

自分の場合は手首のリリースが早いと感じたので、コックの状態を溜める意識を持ち腰からスイングを徹底したところ、あっという間にダフリが解消しました。

原因は様々です

原因は様々です

次に考えられる原因は身体がボールに近づいてしまうことです。これはみなさん結構悩んでいると聞きますが、解明してみましょう。

身体がボールに近づいてしまう大きな理由の一つとして、ダウンスイングで右腰が必要以上に前に出てしまっている点が挙げられます。

自然とクラブの軌道が沈み込んでしまいイメージしているより下を振ることになります。

いわゆる地球を愛してしまい地面を叩いたりボールの下をすくってしまいます。

このような症状が出てしまっている方は、ダウンスイングの時に右腰が前に出ないように心がけると良いです。

ダウンスイングの際に左手で左腰を後ろに押す出す練習をしてみるのが一番イメージが湧くかもしれません。

右腰が支点になって身体が回転してくれます。

様々な原因はありますが、焦らずゆっくりと自分を解明していきましょう。焦って球数ばかり打っても下手の固め打ちになります。

まとめてみましょう

まとめてみましょう

getty

自分自身もそうですが、多くのアマチュアゴルファーを悩ませてるダフリ、原因は基本的なところばかりかもしれません。

前傾を崩さなかったり、頭を動かさなかったり、膝を必要以上に動かさなかったり、腰を動かし過ぎなかったり、悩みをなくすのは実はシンプルなのかも知れません。

すべての動きを自然に当たり前のようにできるようになれば、ダフリの他すべての悩みに無縁のゴルフができるようになります。

それができたらプロなんですけどね(笑)。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか?

深く考えずシンプルにゴルフしてみましょう。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。