打ち気をそらすとヘッドが走る!……ってどういうこと?

Photozou 金魚みたいなの狙い中

ゴルフスイング

打ち気をそらすとヘッドが走る!……ってどういうこと?

0

よく、鳥が小魚とかの獲物をゲットしようとする時、素知らぬ顔で違う方を向いて「殺気を殺して」横目でチラ見しつつ、いきなりパクン! と、獲物を捕まえたりしません?

あなたがゴルフボールという獲物(?)に向かう時って、あまりにもストレートに「襲うぞ!」ってな感じじゃないですか?

だから、ボールに逃げられちゃうんですよ! (´∀`*)ウフフ

必死の形相?

ハエたたき・・・と言っても、最近はハエも昔ほどいなくなって、使ったことがない! なんて若者も?

私らの時代は、ハエ取り紙というものが、食堂にぶら下がっていたりしたもんですが・・・。

それはさておき、必死の形相でハエに向かっていったら「殺気」を感じ取られますよね!

ゴルフボールもおんなじですよ! 捕まえようとしたら逃げられるんです。

むしろ、「素振りだよ! 君には関係ないよ!」という合間に打ってしまったほうが、力みも取れてスムースにスイングできるものです。

そうそう、自分のラウンドを振り返ってみると・・・ロングホール(パー5)のセカンドショットのレイアップとか、ピンとかグリーンとかシビアに狙わない時、すこぶるいいショットしてません?

そのショット、グリーンを狙う時に出てれば、いつもパーオンなのにね! (´∀`*)ウフフ

打ち気そらしのあれこれ!

動画は、シニアの中根初男プロのスイングですが・・・どう? スイングの始動が変わってるでしょ!

振り子打法ならぬ、振り出し打法?

そう、クラブヘッドを浮かせておいて、さらにいったんボールより先に、クラブヘッドを振り出します!

ココです! いったん前に出しておいて、その流れからテークバックを行うわけです。

すると、いきなり加速して力んで上げることもなくなります。

私の知り合いのアマチュアの方も、いったんボールの上にクラブを浮かせてテークバックをする人がいますが、スイングの流れが素振りのように、とても良いです。

ヘッドを浮かせるだけでも、だいぶ違いますよ! (^_-)

スロースイングで打ち気カット!

私の場合は、練習ではフルショットをほとんどしません。

ゆっくり振ることで「打ち気」を消し、自分が最も振りやすい「スイングの流れ」を大切にしています。

多くの人は、結果に一喜一憂して、左に曲がったから、今度はこうして・・・とか、一打一打に対症療法を施して練習しがちじゃないですか?

それで300球も打って、「満足な仕上がりだ!」と思って帰るけど、いざ本番では・・・という結果に!

毎回300球練習した後にラウンドする必要が出てきてしまいますよね! (´∀`*)ウフフ

打ち気をそらして、リラックスしたスイングで、「あっ! こうなると右に行きやすいんだな! こうなると引っ掛けるな!」とか、クラブの動きを感じ取りながら練習しないと・・・いわゆる「練習場シングルさん」になってしまいますよ!

練習場は曲がって良いんです! ネットがあるし、スコア付けないんだから!

フルショットより「振るショット」で、あなたのゴルフが変わるかもよ! (^_-)-☆

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

打ち気をそらすとヘッドが走る!……ってどういうこと?

カートに追加されました。


×