永井花奈プロがヤマハと用具使用契約締結!
プロゴルファー

永井花奈プロがヤマハと用具使用契約締結!

0

ヤマハ(株)が、永井花奈選手と用具使用契約を締結し、ヤマハ銀座ビルのコンサートサロンにて、契約発表会を行いました。

永井選手は、契約選手として、ヤマハの「RMX(リミックス)」のゴルフクラブをはじめ、ロゴ入りのキャップ・サンバイザー・キャディバッグなどを使用し、国内外のトーナメントに出場します。

自分に合わせて調整してくれるので安心しています

自分に合わせて調整してくれるので安心しています

永井選手は、1997年6月16日生まれの21歳。

17年からレギュラーツアーに参戦し、デビュー年の11月、樋口久子 三菱電機レディスゴルフトーナメントで優勝し、シード入りを果たしました。

18年は優勝こそありませんでしたが、上位入賞も多く、安定した成績で賞金ランク22位でシード権を獲得。今後の活躍が大いに期待できる選手です。

発表会で契約について質問を受けた永井選手は

「クラブというのは、技術の次に大事なものです。打ってみて、使いたいと思って決めました。

最初にアイアンをテストしたのですが、ボールが高く上がって、悪いライでも気にせず打てるやさしさがあると感じました。

ウッド類は、私は小さめのヘッドが好きなので、見た目的にも気に入っています。ヤマハさんのイメージは『いぶし銀』(笑)。谷口徹プロや藤田寛之プロが契約していて、すごい選手で何勝もしています。

彼らが使うクラブというイメージでした。私のクラブセッティングについては、現在調整中ですが、技術のあるメーカーが合わせてくれるので、安心しています」

と笑顔で話してくれました。

ウイニング10プロジェクトに向けて3勝を目指す

ウイニング10プロジェクトに向けて3勝を目指す

ヤマハは、2017年から「ウイニング10プロジェクト」を実施しています。

これは、契約選手全員で合計10勝を目標に頑張ろうというプロジェクトです。

2018年は契約選手の勝利数が5勝。男子契約選手の今平周吾プロは、賞金王も獲得しました。

今回の契約で、永井選手もウイニング10プロジェクトに参加することになりますが、それについての抱負を聞かれると、

「3という数字が好きなので、3勝を目指します。高い目標を掲げておけば、1勝くらいできると思います」と、前向きな声を聞かせてくれました。

このオフには、今年からコーチ契約を結んだ辻村明志ツアープロコーチとともに、ハワイで合宿を行ない、技術に磨きをかけてきたという永井選手。

新しいクラブとともに、今シーズンの活躍に期待が高まります。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

永井花奈プロがヤマハと用具使用契約締結!

カートに追加されました。


×