13歳のかわいい女子プロ志望の子が入門しました。

getty

ライフスタイル

13歳のかわいい女子プロ志望の子が入門しました。

0

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回は、13歳のかわいい女子プロ志望の子が入門しました、というお話です。

彼女の夢を達成できるように努力します。

マンツーマン指導

昨年の暮れに、13歳の女子プロ志望の子が入門してくれました。

ジュニアでもプロ志望なので、普通のジュニアスクールでは物足りなさを感じていたそうです。その点、私のレッスンはマンツーマン指導です。

私のお店(ビッグキャリーゴルフショップ)のすぐ近くに、埼玉有数の規模の練習場があります。

そこがジュニア育成に力を入れているので、今までジュニアを教える機会は少なかったのですが、深くシッカリと習いたい方には、どの様な方でもお応えできると思います。

教えてみると、子供は覚えるのが早いです。的確に教えればすぐにできるようになります。

できない場合、私の教え方や説明の仕方が悪いのだと思います。

今のところ週に1回のレッスンですが、必要に応じてレッスンの回数を増やすことも考えています。

私は、彼女に才能を感じています。熱心で素直です(親御さんがうるさくないのも、とても良いと思います)。

2年も取り組めば、私は、彼女に敵わなくなりそうです。そうなれば、それこそコーチ冥利に尽きると思います。

コーチを引き受けたからには、責任がありますので最善を尽くします。

女性でもコンパクトなオンプレーンスイングが良いと思います

女性でもコンパクトなオンプレーンスイングが良いと思います

今、彼女が取り組んでいるのは、コンパクトなオンプレーンスイングです。

まだまだ教え始めたばかりですが、先日ラウンドレッスンをしました。

スイングは、コンパクトでオンプレーンスイングになりつつあります。

13歳なので、体力的な部分は致し方ありませんが、カップに近くなるほど、技術の足りないことがわかりましたので、練習の多くの時間をアプローチとパターの練習にするようにと指導しました。

距離感のつかみ方、カットアプローチ、1ヤードのチップショット、狙った場所にキャリーさせる練習などをしてもらっています。

夢を実現する

夢を実現する

私のお店も25年営業していますので、固定客もあり何とか営業を続けて来ています。

私は、自分の思い描いたことをほとんど達成して来ています。

他の方から見たら小さな成功でしょうが、私は満足をしています。

サラリーマンから自分の趣味を生かし、工房・試打室付きのゴルフショップを持ち、ハンデ0にもなれて、今はレッスンプロ及びクラフトマンとして好きなことを仕事にしています。

積み重ねた経験と知識で、楽天ブックスにて9冊の本も書けました。

次に何を目標にするか考えた時に「女子プロのシード選手を育てたい」と思うようになりました。

このGridgeのライターに応募したのも、もう少し知名度を上げればプロ志望の方を指導する機会が作れると思い応募しました。

そう思っている時にプロ志望の子が入門してくれました。

今度は、彼女の夢と私の夢が叶うように努力します。また、楽しみが増えました。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

13歳のかわいい女子プロ志望の子が入門しました。

カートに追加されました。


×