とにかくミスに寛容なウッド型ユーティリティー!SRIXON Z H85
ゴルフクラブ

とにかくミスに寛容なウッド型ユーティリティー!SRIXON Z H85

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、最近またまた200ヤード前後を打つクラブで迷走中なライターのもーりーです f(^^; 。

ロフト角20度のアイアン型ユーティリティーに限界を感じた私が今回手にしたのが、昨年秋にスリクソンさんから発売された『SRIXON Z H85』。

これがウッド型ユーティリティーが苦手な私でも簡単に扱える“超優等生”なんです!

大きめのヘッドでややディープフェース

大きめのヘッドでややディープフェース

スリクソン Zシリーズの最新モデル『SRIXON Z H85』。

『H』はハイブリッドの略。

ユーティリティーって元々海外ではハイブリッドと呼ばれていますが、日本では商標を持っているスリクソンさんしか『ハイブリッド』の呼称を使えないんですよね!

おっとっと、話が逸れてしまいましたので元に戻します。

この『SRIXON Z H85』ですが、私がチョイスしたのは4番(ロフト角22度)。

シャフトは純正のMiyazaki Mahana カーボンシャフト(58グラム)でSフレックスです。

ユーティリティーにしてはシャフト重量軽めだと思うかもしれませんが、クセがなくスイングスピードが45メートル/秒(m/s)の私でもしっかりスイングしていけます(ちなみに、シャフト重量68グラムのカーボンシャフトやスチールシャフトもラインアップ)。

ヘッドサイズは大きめでややディープフェースに感じます。

ただボディシルエットはシャローな感じで海外ブランドっぽいという印象です。

SRIXONシリーズっぽくない“高打ち出しとオートマチック感”

SRIXONシリーズっぽくない“高打ち出しとオートマチック感”

スリクソンさんといえば、大人気モデルのXXIO(ゼクシオ)シリーズに扱いやすさを集約、いっぽうでSRIXONシリーズはアスリートモデルというイメージです。

しかし今回の『SRIXON Z H85』は、良い意味でSRIXONシリーズっぽくないというか、とにかく曲がりにくくて扱いやすい!

XXIOシリーズの要素をふんだんに取り入れているとでも言えば良いのでしょうか、オートマチックに振っていけるうえに、球が上がりやすくてつかまりも良いです。

それでいて顔はストレートでアイアンっぽく振っていけるからか、左に巻くようなチーピンや引っかけのミスが出ないんです。

これなら引っかけ癖が強くてウッド型UTの苦手意識が強い私でも安心して使えそうです。

ミスヒットに寛容で直線的に狙える!

ミスヒットに寛容で直線的に狙える!

『SRIXON Z H85』ユーティリティー。

オートマチックで直線的にターゲットを狙えるアスリートモデルという感じなので、操作性を求める方には物足りないかもしれません。

しかしユーティリティーはある程度の飛距離をカバーするのですから、操作性より直進性重視の私には、ミスに寛容で楽に高さが出せるこのモデルは非常に魅力的です。

ある程度パワーのある方なら4番(22度)で200ヤード前後をカバーというところでしょうか。

標準的な飛距離の方なら5番(25度)と合わせて150~180ヤード先のグリーンを直接狙っていけるモデルだと思います。

私はとりあえず4番で190~200ヤードのキャリーが必要な場面で使ってみようと思います!


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

とにかくミスに寛容なウッド型ユーティリティー!SRIXON Z H85

カートに追加されました。


×