自分に合うクラブを使うこともスコアアップには必要

getty

ゴルフ初心者

自分に合うクラブを使うこともスコアアップには必要

0

上手い方とラウンドしていて思うのは、結果100は切ってくることです。

新しい古い関係なく、良いクラブを使っている気がします。

練習不足だけではない気がする

練習不足だけではない気がする

2019年はまだ100以上叩いていません。しかしライターランキングは30位からいなくなりそうです(笑)。

今年は絶対にアベレージ90を達成したいと思います。どうも奏son輝です。

アマチュアゴルファーの中でも上達しない人は、技術がないとか練習をしていないからなどとミスを自分のスイングのせいにしがちです。

もちろんそれもミスの重要な要素ですが、使用するクラブの選択をミスしている可能性もかなり高いです。

上級者はクラブにも拘りがあります。

クラブが長いとヘッドスピードは上がりやすいですが、自分の実力で扱える範囲内を超えるとミート率が著しく低下し、スライスやフックを生む原因になります。

これは以前にもたくさん書きました。

最近のドライバーは飛距離を求めるあまり46インチを超える、いわゆる長尺モデルが数多く存在します。

長尺モデルを使いこなすにはそれなりの練習量が必要になりますし、他のクラブとのつながりも悪くなります。

他のクラブ以上にドライバーが特にスライスやフックする人は、ドライバーの長さがあっていないし、短くする必要があるかもしれません。

使う道具にこだわりを持つことでスコアが劇的に変わる可能性はないと思ってましたが、そうではなさそうです。

長さ、重さ、しなり方までいろいろ

長さ、重さ、しなり方までいろいろ

クラブの重さはスイングの安定性を高めますが、度が過ぎると使いこなすのが難しいハードなクラブになってしまいます。

重過ぎると振り遅れを助長しスライスを生み出します。

情報誌によく書いてありますが、最近のドライバーはカスタムシャフトが最初から装着されたお買い得なモデルが多いです。

スペックは様々ありますが、クラブによって引き起こされるスライスやフックはヘッドの特徴によるものだけではなく、それ以上にスペックがあっていないことが多いです。

つかまり性能が抜群に良いことをほとんどのメーカーのモデルで謳ってますが、それを使った初級者が劇的に真っすぐのボールを打てるわけではありません。

良いヘッドであっても、長尺クラブや重過ぎる重量のクラブだとスライスやフックしてしまうケースがほとんどです。

スイングは皆それぞれ個性がありますし、クセというのはなかなか治りません。

その辺りをクラブやシャフトの性能で補うとスコアも良くなります。

現に上手い人はその辺りまでしっかりとカバーし、自分の特徴を知り、武器に変えているのです。

お金はかかりそうですが、最初からカスタムされたクラブをしっかり試打し、自分に合った最高の武器を手にするのも手段の1つです。

自分に合わせる? クラブに合わせる?

自分に合わせる? クラブに合わせる?

自分はシャフトが硬過ぎるとしならせようと無意識に力んでしまいます。

最近はXシャフトよりSのほうが良い気がします。リズムやタイミングを取るためにも適度なしなりが必要です。

シャフトの知識がなくても、しなりを感じリズムを取っていけるはずです。イメージはでんでん太鼓かな(笑)。

シャフトがしなる感覚がないと、しならせようとしてリキんでしまいミスにつながることは間違いないです。

基本のスイングが身についていることが前提ですが、トップからの切り返しでシャフトのしなりを感じないなら、しなりを感じる軟らかめのフレックスに替えると良いです。

タイミングのズレの原因は、シャフトが軟らか過ぎたり硬過ぎたりとありますが、少しのタイミングのズレが大きくなりフィニッシュが取れないといった症状にもなりかねません。

シャフト=タイミングではないですが、タイミングがズレるとミート率が下がり振り切れなくなってしまいます。

上手くミートできなかったりフィニッシュが決まらない人はシャフトの交換をしてみましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さんいかがでしたか?

たかが道具されど道具なんです。好きになると自然に拘るはずです。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

自分に合うクラブを使うこともスコアアップには必要

カートに追加されました。


×