リッキオの法則って知ってる?これで自分の課題を見つけよう!
ゴルフ初心者

リッキオの法則って知ってる?これで自分の課題を見つけよう!

0

2オンを狙うのは勝負師としては当たり前ですが、無理をせずにボギーオンをしてしっかりワンパットでスコアをまとめていくのも大事です。

得意な距離を知ろう

得意な距離を知ろう

今年はまだ100超えなしです。たまたまかもしれませんが自分を少しだけ褒めます。

どうも奏son輝です。

100切りを含めスコアメイクに必要になってくるのが、パーオンとボギーオンの確率を上げていくことです。

毎ホールをパーオンして2パットでホールアウトすればパープレイなのですが、そんなに簡単にいくわけありません。

パーオン率は

(ホールのパーからマイナス2打以内でグリーンに乗せられたホール数)÷18×100

で算出できます。

パー3ならワンオン、パー4なら2打以内、パー5なら3打以内に乗せられればパーオンです。

90を切ってからさらにスコアを伸ばしていくためには、セカンドショットの精度を上げていく必要があることを意味しているのかもしれません。

無理するところと無理しないところ

無理するところと無理しないところ

改めて勉強しておきましょう。100切りを達成するためにはラウンド中にパーオンを1、2回すれば良いのです。

90切りを達成するために必要なパーオン率は約20%と言われます。ラウンド中のパーオン回数は3回くらいとなります。

ラウンド中に4回、つまりハーフで2回以上パーオンしておけば100切りや90切りの達成に近づきます。物事をシンプルに簡単に考えましょう。

自分の目標である80切りを達成するためにはパーオン率は約50%と言われます。

ここまでいくとやはり簡単には考え難いかもしれません。2ホールに1回はパーオンが必要となります。

そしてパターも上手く行かないとなかなかスコアは出ません。

本当か嘘か、ネットで変な法則を見つけました。

リッキオの法則といいます。

パーオン回数が0回であれば予想スコアは95(=95-0×2)
パーオン回数が3回であれば、予想スコアは89(=95-3×2)
パーオン回数が8回であれば、予想スコアは79(=95-8×2)
パーオン回数が10回であれば、予想スコアは75(=95-10×2)

あながち間違いではなさそうですね。

勝負するところ避けるところ

勝負するところ避けるところ

大事なことは、毎回のラウンドのパーオン率を把握しておくことです。それを習慣化するとスコア改善のための自分の課題が見えてきます。

パーオン率に基づいた予想スコアよりも実際のスコアが悪いのであれば、アプローチやパターに問題があるということです。

パーオン率に基づいた予想スコアよりも実際のスコアのほうが良いのであれば、アプローチやパターのレベルは高いということを表すのだと思います。

セカンドショットの精度を上げてパーオン率を向上させてレベルアップすれば、100切り90切りができる可能性がどんどん上がっていきそうです。

同じ初心者ゴルファーの皆さん少しは参考になったでしょうか?

スポーツは実は頭の運動かもしれません。その中でもメンタル競技の代表格がゴルフだと思います。

少しの切り替えや攻め方の違いによってスコアは劇的に変わるはずです。皆さん試してみてください。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

リッキオの法則って知ってる?これで自分の課題を見つけよう!

カートに追加されました。


×