『飛ばしたい』『寄せたい』『入れたい』の三大欲求がゴルフを難しくしている!?

getty

ゴルフ初心者

『飛ばしたい』『寄せたい』『入れたい』の三大欲求がゴルフを難しくしている!?

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ゴルフは欲を出せば出すほどミスにつながるスポーツ。

そう思っているのは私だけでしょうか。

『飛ばしたい』『寄せたい』『入れたい』という欲を捨てられたらいいんですけどね…。

『飛ばしたい』と思うから飛ばない

ゴルフにとってもちろん飛距離はかなりのアドバンテージになります。

しかしプロの試合では飛距離が最大のアドバンテージになるのはわかりますが、我々アマチュアにとっては、果たしてそうなるでしょうか。

ドライバーの飛距離が230~240ヤード出るけど、フェアウェイをとらえられずにOBもそこそこ出てしまう…。

ドライバーが200ヤードくらいしか飛ばないけれども、曲がらないしOBも出ない。

どちらがスコアメイクしやすいかは言わずもがなですよね。

レギュラーティーからですと、ティーショットが180ヤードくらい飛ばせたらスコア80台は楽に出せるとも言われていますし。

「もっと飛ばしたい!」と力めば力むほど体が硬直して、ボールが曲がるし飛距離も落ちてしまいます。

ゴルフの飛距離はスイングスピードとミート率のかけ算です。

飛ばしたい欲求をなくして程よい力感でスイングしたほうが、むしろ最大飛距離が出やすいってもんです。

ピンに『寄せたい』と思うほどグリーンに乗らない

ティーショットがフェアウェイど真ん中に飛んだのに、ウェッジで打てる絶好のセカンドショットがまさかのダフりでグリーンに乗らず…。

こんな経験ありませんか?

あまりのチャンスに「カップに寄せたい!」と欲が出るので、力みや慎重になり過ぎるなど、スイングの乱れが生じるというやつですね。

グリーン周りのアプローチなんかはもっと顕著で、「カップに寄せたい!」と思えば思うほどミスが出ます。

反対に「2パット圏内に行けばいいや…」と高をくくって打った長めのランニングアプローチのほうが、寄せワンどころか直接カップインしたりするものです。

ロングパットのほうがバーディーが出やすいのは!?

パットも同じく「カップに入れたい!」と思えば思うほど、大きくショートしたり、思いのほかオーバーさせるなど、距離感が大きく狂ってしまいますよね。

万年アベレージゴルファーの私にもごくごくたまにバーディーチャンスが巡ってくるのですが、3~7メートルくらいだと「カップに入れたい!」と曲がり幅や距離感を気にし過ぎて、バーディーパットを決め切れません。

むしろ「2パットでしのげれば…」と思いながら打ったロングパットがカップインしてバーディーゲット! というパターンのほうが圧倒的に多いのです。

ゴルフはメンタルに大きく左右されます。

圧倒的な練習量や技術があるわけでない我々アマチュアゴルファー、特にスコアにこだわりたい人にとっては、『飛ばしたい』『寄せたい』『入れたい』の三大欲求を我慢することが上達の近道なのかもしれませんね。


というわけで今回はこのへんで。

それでは、また!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

『飛ばしたい』『寄せたい』『入れたい』の三大欲求がゴルフを難しくしている!?

カートに追加されました。


×