ティーの高さを変えて飛距離アップ!?

getty

ゴルフ初心者

ティーの高さを変えて飛距離アップ!?

0

練習に変化を加えていくうちにいろいろと気付かされています。

調べて学ぶのではなく実践から学んでいきましょう。

ティーの高さを変えてみた

ティーの高さを変えてみた

ドライバーがかなり安定しています。今年はスコアもバラツキがあまりありません。この調子を維持したいです。

どうも奏son輝です。

打ちっ放しで練習していると、やはり人間なので飽きが来たりマンネリ化して来たり、それは仕方がありません。

でもそんな時に少し変化を加えてみてはいかがでしょう。何かをつかむ可能性があるかもしれません。

先日練習していて、たまたまティーの高さが変えられない練習場がありました。仕方ないので打つことを決めましたが、いつもより高い高い。

もともと球がかなり上がるので低くティーアップしていたのですが、その考えは間違いだったのかもしれません。

いつもより1センチ高いティーアップで打ち始めましたが、球がつかまるつかまる。

ドライバーに食いついているのがだいぶ分かりました。

今まではアッパーブローの途中で当たることがたぶん多かったのでしょう。ラウンドでも10〜20ヤード飛距離を伸ばすことに成功しました。

なぜ飛距離アップしたかを紐解く

なぜ飛距離アップしたかを紐解く

アッパーブローで打つために、ティーは高めして、ドライバーをソールした時にクラブヘッドの最上部からボールが3分の1くらいはみ出る程度が理想だとよく言われます。

ボールが半分以上出る程度が許容範囲とし、つかまりが悪い場合はやや高めでもありと思います。

最近のラウンドで感じたことは、ミート率が悪い日は低めしたほうが良いと思います。

ドライバーの作りは低重心に設計されており、ボールをフェースの中心よりやや上寄りの部分でヒットすることで、ボールのバックスピン量を軽減し、より遠くにボールを飛ばすことが可能です。

アッパーブローを理想とし考えるならば、クラブヘッドがスイング軌道の最下点を通過した直後にボールをとらえることでパワーも一番伝わります。

ティーを低くしてミート率を上げるのもスコアも安定しますが、ティーの高さを気持ち少し上げることで新しい世界に挑戦もできるはずです。

状況に応じて使い分けよう

状況に応じて使い分けよう

ティーの高さは、もちろんクラブの種類によっても変わってきます。風や打ち出したいアングルによっても変えていけます。

いろいろな状況がありますが、その状況においていつも高さが安定することでメンタル的な効果が期待できます。

そしてティーの種類も様々なアイディアを凝らしたものや素材や形状も違ってくると思います。

小さな道具1つでさらなるスコアアップを目指すことができます。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、新たな発見に出会いました。

小さなことかもしれませんが試してみてください。道は開けます。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ティーの高さを変えて飛距離アップ!?

カートに追加されました。


×