球が上がりすぎる原因はすくい打ち!どうしたら直る?

getty

ゴルフ初心者

球が上がりすぎる原因はすくい打ち!どうしたら直る?

0

個人的な話になりますが、打球が上がり過ぎて飛距離を損している気がします。

同じ悩みを抱えている方は必見です。

クセを直すのにもひと苦労

クセを直すのにもひと苦労

スイングスピードをかなり落としミート率中心にゴルフ楽しんでいます。最近はウェッジを握るのが怖いです(笑)。

どうも奏son輝です。

現時点での個人的な悩みは、ドライバーから何から何までボールが高く上がってしまい、飛距離を損している気がすることです。

打球が上がらないという悩みが昔から分からず、今までずっと必要以上にボールが上がってしまいます。

練習場で指摘されるのは、アッパースイングですくい上げるからインパクトのロフトが寝ていると言われます。

本当の原因はなんなのか、飛距離は本当に伸びていくのか、追求していく価値はありそうな気がします。

意識の中と自然な体の動き

意識の中と自然な体の動き

経緯としてはダウンスイングをインサイドから来るように意識し、フェードだった球筋をドローに直しました。これで弾道が低くなると考えました。

しかし時間が経つとまたボールがつかまらなくなり、弾道が高くなってランが出ません。

意識していることはテークバックでインサイドに引かないようにすることとくらいです。

よく指摘されるのは、軌道が不安定なのか上下の進入角がブレてしまい、スイングで軸が大きくブレているということです。

自然に飛ばそうとしてテークバックで軸が大きく右にズレて、ダウンスイングで左に戻り切れず、インパクトですくい上げているのかもしれません。

ロフトが寝てしまい、ダウンスイングでズレた軸を戻す調整が必要になり、スイングで上下の進入角が不安定になるのは明らかです。

そこまでは分かっているものの、体は自然に自分に振りやすい状況を作り、すくい上げスイングが固まってしまっているのかもしれません。

まずは1つを意識していこう

まずは1つを意識していこう

それと指摘される点の追加ですが、こちらもかなり口うるさく言われています。

右膝の角度をキープすると、腰が必要以上に回ることが抑えられてオーバースイングが解消されます。

力を抜くことはいいことですが、流れ過ぎるのは良くないです。

膝をキープすることで軸が右に流れてしまうことがかなり軽減されて、腕とクラブの角度を変えずにテークバックすることができて正しい軌道に乗ります。

その流れの中で間違いなく肩の回転も良くなり、軸が右に流れながら左肩が地面に対して水平に回るような状態を改善し、アップライトな軌道に変わり、肩が軸を中心に回るようになります。

言いたいことを上手くまとめ切れずになんかすいません。伝わっているとありがたいです。

最後にもう一点だけ。チーピンが治りました。より理論的に物事をとらえて考えました。

インパクトでクラブがトウダウンし、手のポジションを多少浮かせることで調整することがあります。

インパクトでグリップを浮かさずアドレスと同じポジションに戻せと言われますが、テークバックでフェースをシャットに上げ、インパクトでフェースが閉じ過ぎてチーピンが止まらなくなる。

部品を細かく分けることでチーピン理論が理解できました。

身体の一部分一部分を切り離して考えてみると意外と簡単かもしれません。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

球が上がりすぎる原因はすくい打ち!どうしたら直る?

カートに追加されました。


×