フェアウェイウッドは払い打ちなのかダウンブローなのか?

getty

フェアウェイウッドは払い打ちなのかダウンブローなのか?

お気に入り

「クラブによりスイングは変えるのか?」

この話題になるといろいろな意見が飛び交いますが、自分はすべて一緒でありたいと思います。

皆さんはどうやっていますか?

変えることのメリット、デメリット

変えることのメリット、デメリット

昔書いた記事を読み直してます。小学生の日記よりつまらないものを書いてました(笑)。

経験とは大事です(笑)。

打ち方は一緒のはずなんですがユーティリティだけがエゲツないスライスです(笑)。

ベストスコアは幻でしょうか? どうも奏son輝です。

最近は若手にゴルフを始めさせて教える側にまわる機会が多くなっていますが、伝えるって本当に難しいです。

その際によく聞かれることは、ドライバーとアイアンとユーティリティなど、クラブの種類によって打ち方を変えているのかという疑問です。

様々な考え方はあると思いますが、まずわかることは、すべてのクラブは長さや形状が違うということです。

まずはクラブの構造を少し考えてみましょう。

ドライバーとフェアウェイウッドはソールが厚くアイアンは薄いです。これは見てわかります。

重心深度の問題で、ウッドはボールが上がりやすくアイアンは上がりにくい構造になっています。これは教科書にも載ってます(笑)。

ウッドはアイアンよりもクラブが長く、同じようなスイングイメージでもインパクトのイメージが分かれるのは、その長さによってインパクトゾーンの入射角が変わるからです。

クラブが長くなれば当然スイングプレーンはフラットになり入射角は鈍角になります。

クラブが短くなるほどアップライトなスイングになって入射角が鋭角になります。

インパクトにクラブヘッドが向かう角度は、クラブの長さが変わるだけの話であり、クラブの特性であり、自然な動きだと考えます。

フェアウェイウッドを払い打つという人とアイアンショットのように上からダウンブローに打ち込むという人に当然分かれます。

どちらが正しいとは言いませんが、どちらかが自分に合うと思います。

それを具体的に考えていきましょう。

基本的な体の使い方は同じ

基本的な体の使い方は同じ

我々アマチュアゴルファーは、フェアウェイウッドが難しいという人の割合が非常に多い気がします。

払うイメージで打ったほうがいいのか、打ち込むようなイメージで打ったほうがいいのか、それはいまだに解明されていない謎です。

フェアウェイウッドというクラブはクラブが長いため、自然にフラットな軌道になります。

クラブフェースの高さに対してソールが厚いので、「低重心」「深い重心深度」というボールが上がる要素が2つあります。

払い打つというイメージを持つと、さらにボールを上げようという要素が加わるのも否めません。

地面の上にあるボールをすくい上げようとして右肩の下がったスイングになってしまうと、結果的にダフったりトップしたりといった打点の上下のミスショットにつながります。

ウッドは、アイアンのように上から打ち込むイメージのほうがボールは上がりやすい気はします。

スイングでボールを上げるのではなく、クラブの特性を引き出すことでボールは上がります。

2つの上がる要素がすでにクラブには備わっているので、ボールを上げようとする意識はいりません。

アイアンは番手が短くなるほどクラブは短くなりロフト角が寝てきます。

ロフト角だけで十分ボールは上がるので、鋭角にクラブを振り下ろしていくことで上がるものを抑えるという要素が加わります。

ロフト角自体はボールが上がりやすく、クラブ自体はスイング軌道でボールが上がることを抑えているという構造になっているのです。

鋭角に入る分だけダフリやトップという大きなミスショットが出るというのも、アイアンの特徴です。

上げようとしなくても上がるという意識を持つ

上げようとしなくても上がるという意識を持つ

getty

比較的簡単に打つことができるアイアンよりもフェアウェイウッドを克服させるほうがスコアアップにつながると言う人もいます。

ボールが上がる要素のあるフェアウェイウッドをアイアンのような感覚で打ったほうが嫌な思いなく振り切ることができます。

クラブの特性上フラットなスイング軌道でも十分ボールは上がるんだということを絶対に理解してください。頭に刷り込ませてください。

クラブの長さによる適正なスイング軌道、これこそがフェアウェイウッドの上達のポイントということにもつながります。

ダフリやトップそしてボールが上がらないと悩んでいる初心者ゴルファーは払い打ちにこだわり過ぎている気がします。

上げようとすればするほどミスショットが出るのがフェアウェイウッドです。

アイアン感覚でインパクトするイメージを刷り込ませて打ってみましょう。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、考えはそれぞれありますが、どのクラブでも同じように振り、後はクラブに仕事をしてもらうという考え方がいいと思います。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人
GDOゴルフテック