アプローチで重要なのはボール位置とスタンス!【ピッチ&ラン編】
ゴルフ初心者

アプローチで重要なのはボール位置とスタンス!【ピッチ&ラン編】

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

スコア100切りを目指すアベレージゴルファーにとって、スコアメイクのカギを握ると言ってもいいのがアプローチ。

アプローチでグリーンの周りを行ったり来たりしないためには、ボールとスタンスを正しい位置にセットする必要があります。

今回は多くのアベレージゴルファーが選択するピッチ&ランの場合を見ていきましょう。

『ハンドファーストでボールは右寄り』の勘違い

『ハンドファーストでボールは右寄り』の勘違い

グリーン周りのアプローチで多くのアベレージゴルファーが選択するのがピッチ&ラン。

ある程度ボールをキャリーさせてグリーンに落とした後に転がしてピンに寄せていくアプローチです。

個人差はありますが、キャリーとランの割合はサンドウェッジ(SW)で1:1、アプローチウェッジ(AW)やピッチングウェッジ(PW)で1:2といったところでしょうか。

そしてアプローチの際によく言われるのが『ハンドファーストでボールは右寄り』という言葉。

この言葉を信じてボールは右足親指の前に、そして両手が左もも外側にくるような極端なハンドファーストのアドレスになっていませんか?

しかしこれこそがピッチ&ランを難しくしている原因なのです。

結論から言えば、ハンドファーストで右足親指前にボールをセットするのはランニングアプローチでのアドレスです。

ピッチショットでボールをキャリーさせるというのは、アイアンショットを小さくしたスイングにするということ。

そう考えるとボールの位置はアイアンショットと同じスタンスの真ん中かそれよりボール1つ分右くらいが正解なのです。

両足のかかとを基準にする

両足のかかとを基準にする

ピッチ&ランの場合は大きく体重移動する必要がありませんし、小さなスイングをするためにはスタンス幅は小さいほうが良いでしょう。

具体的には両足の間にこぶしが1個入るくらい。

両足をくっつけてもかまいませんが、体重移動が抑えられ過ぎて手打ちになり、かえってダフりやトップが出やすくなることが多いです。

そしてボールをセットする際のポイントは両足の踵(かかと)を基準にすること。

ボールに近いつま先を基準にしがちですが、アプローチの場合はクラブの抜けを良くするために、両足のつま先を左に開く人が多いです。

ちなみに両足の間にこぶし1個入る程度のスクエアスタンスにして、ボールをスタンス中央にセットしてから両足のつま先を左に開いてみてください。

あら不思議、ボールは右足親指の前に来ると思います。

ただ両足の踵を基準にするとボールは真ん中です。

アプローチで両足を左に開いて打つプロゴルファーなんかが「ピッチ&ランのボールの位置は右足の前」と表現するのはこれが理由なのです。

ボールをスタンス中央にセットして“ややハンドファースト”で打つ!

ボールをスタンス中央にセットして“ややハンドファースト”で打つ!

こぶし1個入るくらいのスタンス幅でボールをスタンス中央に構えたら、グリップは両手が左足太ももの内側の前に来るように構えます。

構えてもらったらわかりますが、ハンドファーストの度合いはあまり強くありません。

ハンドファーストを強くすると、クラブのロフトが立ってボールは低く強く飛び出しやすくなるので、ランニングアプローチに向いています。

“ややハンドファースト”で打ったほうが柔らかいボールが出やすく、スピンやキャリーさせる距離感が安定するはずです。

ボールとスタンスを正しい位置にセットし、ピッチ&ランのアプローチを成功させましょうね♪

それでは、また!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチで重要なのはボール位置とスタンス!【ピッチ&ラン編】

カートに追加されました。


×