今までで一番不愉快だった同伴競技者はクラブチャンピオン……

getty

ライフスタイル

今までで一番不愉快だった同伴競技者はクラブチャンピオン……

0

こんにちは。

レッスンプロ・クラフトマンの河野です。

今回のお話は、今までで一番不愉快だった同伴競技者のことです。

プレーに熱中するのは良いのですが、同伴競技者に不快感を与えるなんて最低です。

最高のゴルフ日和

私がまだアマチュア時代に経験した、今でも一番不愉快だったと思う同伴競技者のお話です。

ある地方大会が行われるので、予選にエントリーしました。

当日は、ほぼ無風、快晴でゴルフ日和でした。

送られて来た組み合わせを見ますと、予選を行うコースのメンバーが二人同組になっていましたので、この人たちを参考にしようと思っていました。

ドライバーヘッドを地面に叩き付けた

スタートして3ホール目、軽い左ドッグレッグのホールでのことです。

このコースのメンバー仮にaさん(小太り)がダックフック(右打ちの場合、急激に左に曲がる球筋)を打ち左の林に打ち込んでしまいました。

するとaさんが、ドライバーを地面に叩き付けブッブツと文句を言っています。

私は、「ドス」というドライバーを地面に叩き付けた、その音と行動にビックリしてしまいました。

それから、aさんはミスをするたびに、クラブで地面を叩き付けるのです。

不愉快だったので、キャディーさんに「aさんは、ここのメンバーですよね。いつもあんな態度なの?」と聞きました。

キャディーさん「ミスをすると抑えられなくなるみたいです」

私「誰も注意しないの」

キャディーさん「aさんは、ゴルフが上手くこのクラブのクラブチャンピオンですから、皆さん遠慮して言えないみたいです」

私「ゴルフが上手いのと態度が悪いのは別の問題だよ。ましてクラブチャンピオンの取る態度ではないよ」

キャディーさん「・・・・」

私「ごめん、キャディーさんに言ってもしょうがないよな」

クラブを代表する立場なのに自覚が足りません

この会話を聞いていたこのコースのもう一人のメンバーのbさんが「すいません」と私に謝りました。

私「bさんが謝ることはないですよ」

bさん「このコースのメンバーは、長老に力のある人がいないので、誰もaさんに意見できないのです」

私「いままでいろいろな方とラウンドして来ましたが、aさんが一番不愉快な方ですよ。クラブチャンピオンならクラブの代表ですよ、偉そうに言って申し訳ありませんが、自覚が足りませんね」

と言ってしまいました。

その予選のカットラインは78でした。aさんは77で予選を通り、私も76で予選は通過しました。

残念ながら、bさんは予選敗退しました。

私は、決勝でaさんと同組にならないことを祈りました。

レッスンプロ・クラフトマンの河野でした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

今までで一番不愉快だった同伴競技者はクラブチャンピオン……

カートに追加されました。


×