ピン【G410】はさらに、飛びをPLUS。ヒッティが体験してきました
ゴルフクラブ

ピン【G410】はさらに、飛びをPLUS。ヒッティが体験してきました

0

ごきげんよう、Gridge編集部のヒッティです。

2019年1月22日、PING(ピン)は新製品【G410】シリーズを発表しました。

前作G400も好評で、日本市場ではじわじわと勢力を拡大してきているピンは、10年連続の成長中!

「前作を超えない商品は発売しない」というポリシーの愚直なモノづくり精神のもと、満を持しての発表となった今作。

結論から言いましょう。とても飛びます!

可変式ウェイトで弾道調整機能がプラス!

可変式ウェイトで弾道調整機能がプラス!

22日に行われた発表会では、アメリカ本社から開発者のライアン・ストーキー氏が来日。

契約選手の鈴木愛プロ、大出瑞月プロ、額賀辰徳プロ、永野竜太郎プロらも実演・絶賛の嵐でした。

G410ドライバー テクノロジーのまとめ:

・455ccとわずかに小ぶりなヘッド
・空気抵抗を抑制する6本のタービュレーター
・フォージドフェースでたわみを生み出す
・深低重心構造の高MOI
・ヘッド内部のサウンドリブ搭載で心地よい打球音

→速く振れて飛ぶ! ピン史上最大初速!

G410 PLUSドライバーは可変ウェイト採用

G410 PLUSドライバーは可変ウェイト採用

G410 PLUSドライバーの最大の特徴は、ヘッドの後方に配置された弾道調整機能。

3つのポジションで、右へのミスが多い人はドローポジションに、左へのミスが多い人はフェードポジションにすることで、ストレートな弾道に近づけます。

スライド式ではなく3つのポジションに差し込み式にしたのは、シンプルでわかりやすい機能にしたかったから、とのことでした。

G410 SFTはよりつかまり重視

G410 SFTはよりつかまり重視

SFTは“Straight Flight Technology(ストレート・フライト・テクノロジー)”の略。

G410 SFTドライバーには可変ウェイトはありませんが、「PLUS」よりもヒール寄りの重心設計になっているので、右へのミスが多いプレーヤーにうってつけです。

プラスよりも3グラム軽くなっているので、私みたいな女性ゴルファーやシニアなどはこちらも良さそうです。

構えた感じの見た目は「PLUS」とそれほど変わりません。

ヒッティ所感

ヒッティ所感

個人的に前モデルのシリーズ「G400 MAXドライバー」を使用しているヒッティ。

打感がとても気に入っていますが、今回のG410はサウンドリブが内臓されたと謳っている通り、やや高くなった打球音がさらに弾き感を上げています。

見た目と説明を聞いただけでは本当に? と思っていましたが、実際に振ってみると確かに振り抜きやすく感じました。

そして、トラックマンの計測によると、確かに私の距離は約10ヤード伸びていました!(これはめちゃうれしい)

コースで試打させていただきました!

コースで試打させていただきました!

ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド(ユーティリティ)、クロスオーバー(アイアン型ユーティリティ)、アイアン、パターのフルラインナップで贅沢に試打ラウンドさせていただきました!

自分はPLUSとSFTどちらの方が合うのかな? どのポジションが合うのかな? と模索しながら打てるのはとても楽しいです!

フェアウェイウッドが打ちやすくてビックリ

フェアウェイウッドが打ちやすくてビックリ

驚いたのは、ドライバーと同じような心地よい打感と、簡単に上がり力強く飛んでいったフェアウェイウッド!!

開発者が「もっとも苦労した」と語っていた重心位置。深く低く移動したことで、スプーン(3番ウッド)でもとても打ちやすさを実感できました。

動画もご覧ください

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ピン【G410】はさらに、飛びをPLUS。ヒッティが体験してきました

カートに追加されました。


×