狙った方向に必ず落とす!アプローチ成功の秘訣は前傾維持にあり!

getty

ゴルフスイング

狙った方向に必ず落とす!アプローチ成功の秘訣は前傾維持にあり!

0

こんにちは、ライターのとやです!

皆さんアプローチは得意ですか? アマチュアゴルファーにとってはスコアメイクに直結する大切なショットがアプローチですよね。

けれどもこのアプローチが「狙った方向とズレてしまう・・・」という方もいらっしゃいます。

そんなとき、もしかしたら前傾維持ができていないのかもしれませんよ?

どういうことなのか、早速見てみましょう!

短い距離を打つアプローチこそ方向のミスが許されない

ドライバーやアイアンショットよりはずいぶん方向性が出しやすいはずのアプローチ。

でもドライバーやアイアンショットは、大体の狙い所に落ちてくれればそれでいいわけです。

でもアプローチに関しては、グリーンの傾斜や周囲のバンカーなど、方向のミスが許されないショットばかりです。

本当ならば上り傾斜のパットが打ちたかったのに、方向をミスったせいで下りパットが残ってしまう、なんてこともあるわけです。

またそういうときに限って3パットをしてしまったりもするんですよね。

一打を削り落とすためにはアプローチの方向性はものすごく大切です。

実は結構多い、アプローチで身体が起き上がる人

アプローチってボールの行方が気になりませんか?

だから無意識のうちに上体が起き上がってしまう人が多いんです。

アドレスでせっかくまっすぐセットアップしても、上体が起き上がるのがインパクトより少しでも早ければ狙ったところよりも左へボールが行ってしまいます。

それだけならまだしも、さらに起き上がりが強くなるとクラブが上がってしまいトップのミスにも。

アプローチはサンドウェッジを使う機会が多くなると思います。

だからこそ余計に身体が起き上がってしまうとボールが左に出やすくなってしまうんですね。

これぞお手本! ミシェル・ウィーのアプローチ

アドレスの前傾姿勢がバシッ! と決まって、それが最後まで揺らぎません。

ボールの行方が気になったとしても、動かすのは顔だけで身体はがっちりキープ。

本当に余計な動きが一切入らないので、再現性や精度も非常に高いことが伺えます。

男子プロ顔負けの豪快なドライバーショット! っていうイメージなんですが、こういう小技もしっかり磨いているところが彼女の強さの秘密なのかもしれませんね。

顔もボールをインパクトするまで、しっかり残っているのが分かると思います。

アマチュアゴルファーがぜひお手本にしてほしい動画です!

ミシェル・ウィーのアプローチ動画(インスタグラム)

前傾姿勢をキープして、狙ったラインにアプローチショット!

比較的ミスが少ないイメージの小さなショットですが、逆に小さなアプローチショットだからこそミスが許されないとも言えます。

アプローチをしっかりラインに乗せて、ピンに寄せるにはまずは狙った方向に打てるようにならなければいけませんね。

それには前傾姿勢をしっかり最後までキープするように心がけてみましょう。

知らず知らずのうちに身体が起き上がってしまっているゴルファーは、これを矯正すればベタピンを量産できる・・・かも!?

ボールの行方を見たい欲望をちょっとだけ抑えて、身体が起き上がらないように意識してみてくださいね。

スマホで動画を撮ってみるのも一つの手ですよ。

もしかしたらあなたのアプローチ、身体が起き上がっていませんか? 一度チェックしてみてください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

狙った方向に必ず落とす!アプローチ成功の秘訣は前傾維持にあり!

カートに追加されました。


×