目標設定を明確にしてラウンドしてみよう

getty

目標設定を明確にしてラウンドしてみよう

お気に入り

小さくて良いので、自分なりになにか明確な目標を掲げてラウンドしましょう。

小さな積み重ねがいつかドカンとプラスに返ってきます。

プロとアマチュア、それぞれの目標

プロとアマチュア、それぞれの目標

70台を出して明らかに練習量が減っています。やる気が出ると思っていたのに残念です。

どうも奏son輝です。

とはいえ気持ちは無理矢理上げていくものでもないし、気にしません。

いきなりですが、ラウンドするにあたり目標設定していますか?

自分は勝手ながら、プロは最低パープレーでラウンド、我々アマチュアは目標がパープレーと決めつけてます。

もちろんアマチュアには言わずと知れたハンディキャップがあります。プロと比較してもセミプロと比較してもこの差は大きいです。

プロはハンディキャップで言ったらマイナスハンデです。以前も書きましたが、プロは変なスイングの人もいないし理にかなったスイングをしています。

ゴルフをできるだけ長く、故障やケガがないように研究した結果の正しいスイングなんでしょう。プロは仕事だから仕方ない、お金を稼ぐから仕方ないんです。

しかしながら、アマチュアのスイングは変てこりんから理想的まで様々です(笑)。スコアが良くて楽しければ問題ありませんよね。

さてさて冒頭で触れた目標なんですが、あなたはラウンドしながら何を考えていますか?

飛距離も目標のひとつ

飛距離も目標のひとつ

ドライバーなどの飛距離を目標設定にするのも良いかもしれません。セカンドショットをきちんと打つのを目標設定にするのも良いでしょう。

プロ(男子)は最低でドライバーで250ヤード以上打ち、スプーンで200ヤード以上先のグリーンを狙っていきます。さすがプロです。

我々アマチュアはハンディキャップによってラウンドするティーやパー3の距離に違いがあります。平均してパー3の距離がパー4のセカンドショットの残る距離になるのです。

次のステップに上がるにつれて、長いクラブを使いこなせないとバックティーではいつものスコアを出せないことになります。

確かに見栄でバックティーからラウンドすることもできますが、スコアが悪くなりスイングにもチカラが入り、すべてを崩していくかもしれません。

近道はないのかもしれない

近道はないのかもしれない

小さな目標をひとつずつクリアしてレベルアップしていきたいものです。

私は100切りをして90台80台となり、次の目標はゴルフコースのクラブ競技に参加したいと思っています。

それぞれ目標は違いますが、自分よりチョット上のレベルのゴルフ大好きなおじさま達と戦いたいです。

「ゴルフ侍」(※)に近づけるように、もっとゴルフに夢中になりたいです。長いゴルフ人生、時間をかけてレベルを上げていきましょう。

それではまた。

※BSテレ東にて毎週日曜日朝8時に放送されている「ゴルフ侍、見参!」はアマチュアがホームコースでシニアプロと真剣勝負するゴルフ番組。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA