【耳と耳の間で考えるゴルフ02】冬ゴルフの防寒以外の対策

getty

ゴルフ初心者

【耳と耳の間で考えるゴルフ02】冬ゴルフの防寒以外の対策

0

みなさん、こんにちは。

リトル・レッド・ブックです。

冬の寒い時期のラウンドは難しいですね。

①ドライバーが飛ばない
②アイアンも飛ばない
③サンドウェッジが地面で跳ね返る
④グリーンが凍っていて球が止まらない

こんな感じで、課題が山積みです。

今日は、冬のゴルフにおける防寒以外の対策について「耳と耳の間」で考えてみましょう。

ドライバーは、8割のスイングで低い球を打つ

冬のゴルフは飛びません。

例えば、ウェアを1枚重ね着をするごとに、10ヤードずつ飛距離が落ちると言われています。

また、ゴルフボールの素材であるゴムが硬化するので、反発力が低下して飛ばなくなるとも言われています。

さらに、気温が低いと空気の密度が高まり、空気抵抗が大きくなるという説もあります。

このような季節に、ドライバーをマン振りしてはいけません。

ドライバーは8割のスイングで、フェアウェイを狙って、普段より少し低い球を打ってみましょう。

冬のフェアウェイは芝が薄く球が転がりやすいので、ランで飛距離を稼ぐことができる場合があります。

アイアンは、1~2番手あげてコントロールショットを打つ

冬はアイアンの飛距離も落ちます。

実際にどの程度飛距離が落ちるかは個人差がありますし、同じ人でもその日の気温や体調にも左右されます。

そこでラウンドする時は、最初の数ホールで、その日の自分自身の調子と球の飛び方を良く観察しましょう。

「今日は飛んでないなぁ…」

もしこのように感じるのであれば、その日はそのくらい寒い日なのです。

こんな日はアイアンの番手を1つか2つ、上げてみてください。

グリーンをとらえる確率が上がるはずです。

サンドウェッジ(SW)は、どうしても必要な時しか使わない

初心者は、70ヤード以下の短い距離のアプローチでは、機械的にSWを選ぶ傾向があります。

しかし、冬のフェアウェイは芝がとても薄いので、球の下に空気の層がほとんどありません。

このようなライでSWを選ぶと、リーディングエッジが直接球に当たり、トップしてグリーンオーバーする危険性が高くなります。

上級者はこのような場合、最初に「パター」が使えないかと考えます。

パターであれば絶対に「トップ」することはないからです。

もし、球がグリーンから離れていたり、ラフに沈んでいて、どうしてもパターが使えない場合はどうすれば良いでしょうか?

この場合は、ロフト角が45度近辺のクラブ、つまり9番アイアンかピッチングウェッジを選んでください。

芝が薄い場合は、ピンに寄せたいという欲は捨てて、まずは確実にグリーンに乗せることを優先しましょう。

少しでも技術面で不安があれば、SWを封印したほうが、良い結果が得られます。

グリーンが凍っている時は、手前から転がして乗せる

グリーンが凍っている時は、手前から転がして乗せる

冬の寒い朝、最初の3ホールほどは、グリーンが凍っている場合があります。

こんな時に、高さのあるショットでグリーンを攻めると、高く跳ね返ってしまいます。

下手をするとグリーン奥に跳ねて、OBになることもあります。

一番安全なのは、弾道の低い球をフロントエッジに落として、惰性で転がしてグリーンに乗せることです。

ところで、グリーンが凍っているかどうか、事前に知りたくありませんか?

こんな時は、ティーインググラウンドにティーを刺してみてください。

地面が凍っていて、ティーが刺さりにくい場合、そのホールのグリーンも凍っている可能性が高いと考えてください。

春に向けて、一つの課題をやり抜いてみましょう

春に向けて、一つの課題をやり抜いてみましょう

冬のゴルフでは、確かに球は飛びません。

しかし自分だけが飛ばないのではなく、周りの人も全員飛んでいないのです。

無理に飛ばすことを考えず、その日の環境、その日の調子の中で最善のプレーをする。

冬の間はこのように考えて、一つのことをやり抜くゴルフをしてください。

みなさんの明日のゴルフのお役に立てば幸いです。

リトル・レッド・ブックでした。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【耳と耳の間で考えるゴルフ02】冬ゴルフの防寒以外の対策

カートに追加されました。


×