フィニッシュで左足に体重が乗らない人がチェックしたい3か条!

getty

フィニッシュで左足に体重が乗らない人がチェックしたい3か条!

お気に入り

こんにちはライターのとやです!

フィニッシュでビシッ! と決まった姿って最高にかっこいいですよね。けれども・・・。

「フィニッシュが上手く取れない!」

「どうしたらキレイなフィニッシュになるんだ!?」

とお悩みの方、こちらで紹介する3か条を思い出してみましょう!

そもそも体が回ってない!? アドレスの左足をチェック

そもそも体が回ってない!? アドレスの左足をチェック

getty

フィニッシュが取れていないケースで多いのが、そもそも体がしっかり回っていないことです。

体や足首の硬さもあるとは思いますが、体や足首を柔らかくするのってとっても大変ですよね。

ならば体を回転させやすいように、アドレスから左足のつま先を少し開いてアドレスしてみましょう。

なんとなく真っすぐにアドレスしているゴルファーも多いんですが、つま先を少し開いてあげるだけで、スムーズなフィニッシュで左足に体重が乗りやすくなります。

プロのアドレスを見ても、つま先をちょっと開いている方も多く見られます。

またフィニッシュ方向に体を回しやすくなるので、体の硬さがスイングの邪魔をしているゴルファーの場合、ヘッドスピードもアップするかもしれません。

軸が立ってる!? 背骨をイメージして軸を作ろう

軸が立ってる!? 背骨をイメージして軸を作ろう

getty

スイング後に、後ろによろけてしまう方も多く見られますね。

こういうゴルファーは、インパクトからフォローにかけて軸が起き上がってしまっているのかもしれません。

軸が起きれば、ゴルフクラブは横振りになりますから遠心力で後方によろけてしまうのも納得できます。

アドレスの際、多少なり前傾姿勢を取るはずです。その前傾姿勢のとき、背骨を意識してみてください。

その背骨の傾きを最後までキープするようにスイングしてみましょう。

たったこれだけで、フィニッシュの方向がいい位置に収まってきますので、体重も左足にしっかり乗りやすくなってきますよ。

スイング後のバランスが悪い!? 手を使う意識を減らして

スイング後のバランスが悪い!? 手を使う意識を減らして

getty

フィニッシュではあっちにフラフラ・・・こっちにフラフラ・・・という方も見かけますね。

こうした方は腕を使い過ぎていることが原因で、左足に体重が乗れていない場合が多いんです。

体重移動がバラバラになってしまい、スムーズでないために起こる現象です。

そんなあなたは腕を使い過ぎているかもしれません。

腕で振り回す意識を少し減らして、腰や肩をターンさせる意識を持つとバランスの崩れを防止できるでしょう。

バランスが整えば、左足に体重が乗ったきれいなフィニッシュが取れるようになってきます。

フィニッシュをかっこよく左足体重で!

フィニッシュをかっこよく左足体重で!

getty

フィニッシュは左足に体重を乗せてかっこよく決めちゃいましょう。

・(右打ちの場合)左足つま先を少し開く
・背骨を軸に前傾姿勢をキープ
・腕を使う意識を減らしてボディターン

この3か条を思い出してみてください。

手打ちや、“明治の大砲”じゃ上達の見込みも薄いですし、何よりスイングがカッコ悪いですからね。

美しいフィニッシュを決めて、周りから「フィニッシュきれいだね!」って言われちゃいましょう。

お気に入り
とや

こんにちは、Gridgeライターのとやです! ゴルフに関する楽しい記事を読者の方にお届けします。 取材や企画記事、はたまたファッションまで色々な方に楽しんでいただけるように考えています。今後の企画にも乞うご期待!

このライターについてもっと見る >
GDOゴルフテック

カートに追加されました。


求人
GDOゴルフテック