2018年のゴルフの反省…トホホ備忘録

getty

ライフスタイル

2018年のゴルフの反省…トホホ備忘録

0

どもどもージェッ太ですぅ。

2018年も残すところわずかです。皆さんのゴルフライフはどうでしたか? 上達するのに欠かせないのは「反省」ですよね。

ってことで、2018年1年のゴルフを振り返って一人反省会をしてみます✩

(※この記事は2018年12月23日に執筆されたものです)

今年の目標は80台…無理でした!笑

2018年最初のゴルフは1月3日でした。

みんなで「明けましておめでとう」と言いながら、寒い中新年の初打ちに出かけました。

少し奮発して、普段はなかなか行かないような名門コースでの初打ち。なかなか難しいコースでしたが、なんとかスコアは98で収まり、幸先のいいスタートを切りました。

今年の目標は「80台」。自己記録が90ですのであと1打縮めれば…と思ってました。

その後も、春から夏にかけて90台後半をキープし、「もう100叩きはないなぁ」と心の中で思い始めていた頃、ジェッ太の地元で起こった「西日本豪雨」。

これにより、なかなか普段の生活が取り戻せず、正直、ゴルフどころではない日々が2ヶ月ほど続きました。

ジェッ太は被災していないのですが、友人も多く被災し、街の雰囲気が全体的に自粛ムードになったため、ゴルフも自粛でしたね。

練習場も人はまばらで、地域全体が沈んでいました。

そのため、2ヶ月以上クラブを振らない時期もあり、スイングを完全に忘れました。

でも、まぁ被災された皆さんにしてみれば、とてもゴルフなんてできる状況じゃないので…改めて被災された皆さんにお見舞い申し上げます。

さて、秋になり、何回かゴルフに出かけるもなかなかスコアが伸びず、100から105あたりのスコアが多くなり、ドライバー、ミドルアイアン、アプローチ、パターとも絶不調。

大叩きするホールもあったりして下半期はなかなか結果に結びつきませんでした。

80台なんて夢のまた夢のような状況で2018年の打ち納めをしてしまいました。とほほ…。

スコアメイクはアプローチとパターに限るね

なんだかんだで、やはりスコアメイクの鍵をにぎるのはグリーン周りです。

これはもう絶対ですね。ティーショットがよかったりすると、ついつい2オンを狙っちゃいたくなりますが、無理せず、欲張らず。

ジェッ太はアプローチでなかなかバックスピンをかけられないので、手前から攻略するようにしてます。

残り150ヤードで、普通なら7番あたりを持ちたくなっても、あえての8番。

届かなくても寄せワンにつけられたらパーは狙えますし、ボギーでも十分ですからね。

こうした考えが功を奏し、グリーンオーバーはあまり出なくなりましたし、ガードバンカーにつかまることも減ってきました。

逆に、ドライバーやミドルアイアンの調子が悪くてもアプローチとパターが安定すればスコアは作れます。

そんなに上手い感じがないのに、あがってみたら100切ってる方っていませんか?

こういう方って、だいたいグリーン周りが手堅いんですよね。

2019年こそ80台出すぞ!

はい。と、いうことで、2018年のゴルフの振り返りはこんな感じです。

まとめると、

①とにかくアプローチとパターを強化する
②欲張らない、力まない
③3パットをなくそう

改めて、この3つのポイントに気づいたジェッ太でした。

今年の秋から一人の友人がゴルフを始めました。その人に教えたりすると、意外と自分の弱点も分かったりしてなかなかタメになるんですよね。

さあ、そして2019年。ゴルフを始めて5年になります。そろそろ80台を出しますよ。

でも、スコアも大事ですが、一番大事なのは「楽しむ」ことです。

プロになるわけじゃないんだから、あんまりストイックにやりすぎるのも…ちょっとね。

やはりみんなで和気あいあいと楽しくやるのが一番です。

皆さんもぜひ、手の届きそうな目標を立てて、来年も楽しいゴルフライフを送りましょうね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

2018年のゴルフの反省…トホホ備忘録

カートに追加されました。


×