チーピンが出て悩んだら、体とフェース向きの関係を再確認してみよう!

getty

チーピンが出て悩んだら、体とフェース向きの関係を再確認してみよう!

お気に入り

最近の悩みはもっぱらチーピンです。

スライスがなくなったと思ったら次は逆球。どちらにしても解決法を知っておくとラウンド中に役立ちます。

冷静に見極めよう

冷静に見極めよう

評価とは他人がするものですが、定まったルールのもと採点してもらえたら納得いくはずです。

世の中やはり好き嫌いでできてます。どうも奏son輝です。

最近スライスが減って喜んでいたらチーピンが止まりません。ラウンド中にチーピンが出た途端に調子が崩れ始めて凹んでいます。

インサイドアウトの軌道で左に打ち出しさらに左に曲がり困っています。

原因は腰の回転が止まり腕が詰まって手首を返してしまいます。

原因は分かっているようで分かっていないので解明していきましょう。ラウンド中に治しながら調子を上げたいです。

1つ理解すればすべてがつながる

1つ理解すればすべてがつながる

分かっていることはたくさんあります。でもそれがあっているかは不安です。

そんな時は試しにスイングを終えた後にクラブヘッドを体の正面に戻してみてください。

アドレスの時に大きくフェースが閉じていたことがまずあります。

チーピンの原因のほとんどはフェースが被ってしまっていることだということです。

あるレッスンで被せて構えてと言われてそのままにしていましたが、このクセがスイング全体を徐々に蝕(むしば)んでいくとは思いませんでした。

あとハンドファーストでボールにセットしてから最終的なグリップを決めている人は、チーピン地獄の深みにはまっていきます。

ハンドファーストのポジションでグリップを決める人はチーピンが出るともっとハンドファーストにしがちです。

体の正面に戻すと逆に大きく閉じてしまっています。体に対するグリップのポジションでフェースがどこを向いているかを理解しましょう。

結果は自ずと付いてくる

結果は自ずと付いてくる

チーピン対策としては、常に体に対してフェースをスクエアにセットすることです。

ハンドファーストにもハンドレートにもしないポジション、つまり両足を揃えてクラブシャフトを体の中央に置いたところでグリップしましょう。

つまり真ん中の真ん中です。

そしてスクエアに合わせること。そこでグリップを確定します。

クセをつけることで当たり前の構えも当たり前にできてきます。

クラブヘッドが閉じていることに気づかずスイングし続けてしまい、無意識のうちにフェースを大きく開いてカバーしようとしています。

閉じたフェースを右へ逃がすようなスイング軌道になります。しかし本来は思い切り左へ振り抜くつもりでスイングすることです。

グリップを体の正面で決め、ボールにセットした時にひどく違和感を感じ握り変えたくなっても我慢です。

右に出ても我慢我慢。フォローで左にしっかりとクラブを振り抜くことでチーピンの恐怖から抜け出せるはずです。

振り切っても左には行かないように我慢し、左に思い切り振り抜ける感覚を養うまで練習練習です。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、今回は自分の視野からの意見が少し多かったですが、理解していただけましたか。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722
GN20190618-0722

カートに追加されました。


×
求人
GN20190618-0722