ボールにこだわるようになったら初心者卒業!?ボール選びも慎重に!

getty

ボールにこだわるようになったら初心者卒業!?ボール選びも慎重に!

お気に入り

最近はハマり過ぎて、ボールにもこだわりを持つようになりました。

昔はいかに安い新品を探すかしか考えていませんでした。

安価なものから高価なものまで

安価なものから高価なものまで

1球500円のボールでラウンドしましたが、すごく良い結果でした。たまたまかもしれませんが、ボールのお陰は絶対にあるはずです。

どうも奏son輝です。

ゴルフボールはよくスピン系とディスタンス系で分類されています。スピン系はカバーが柔らかくコアが硬い。ディスタンス系はカバーが硬くコアが柔らかい。

スピン系ボールはカバーが柔らかくウェッジの溝に入り込むのでスピンがたくさんかかります。

スピン系はピンをデッドに狙えるしボールを止めることなどコントロールショットがしやすいボールです。

ディスタンス系ボールはコアが柔らかくボールが潰れやすいので、スピン量が減り飛びます。

これを使い分けして、自分がどちらに合っているか知ることでまたゴルフが楽しくなるはずです。

たくさんの種類がある

たくさんの種類がある

ボールの中心部分をコアと言います。3ピース、2ピースとよく耳にします。これはボールの構造が何層かということです。

価格が高めのボールは3ピースや4ピースのものが多いです。

2ピース構造のボールは比較的安価のため、自分はこちらを使うことが多かったです。

今までに聞いていた情報ですが、ボール全体を柔らかくするとバックスピン量もサイドスピン量も減るので飛んで曲がらない。

インパクトで無駄なスピンがかかり飛距離ロスやミスショットにつながっているので、理屈上では柔らかいディスタンス系ボールのほうがスコアにつながるはずです。

ただアプローチショットやアイアンショットではスピンがかかりにくくなります。

アイアンをビタッと止めたい場合やアプローチをコントロールしたいという人は、スピン系のほうが使い勝手が良くなるのだと思います。

飛んで曲がらないし、アプローチでもスピンがかかるディスタンス系やスピン系というのはないんですかね?

「ゴルフボールはどれ使っても一緒でしょ」という考えでしたが、いろいろ工夫を凝らしたボールがたくさんあるので試してみるのもスコアメイクの鍵かもしれませんね。

ヘッドスピードも関係してくる

ヘッドスピードも関係してくる

自分のヘッドスピードや弾道、スイング軌道にあったボールを選ぶ必要はスコアメイクに不可欠です。

スライス系の弾道の方はディスタンス系から選ぶといいし、フック系の弾道の方はスピン系から選ぶといいです。

とにかくボールの曲がりを抑えたい方はディスタンス系を選ぶといいとよく言われます。

あとよく言われるのは、一度ボールを決めたらあまり種類を変えないことです。

ひとつのボールを使い続けることでアプローチやパターの距離も安定しやすくなります。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、ぜひ参考にしてください。

安くていいのでこだわりを持ち、使い続け徐々にボールのグレードも上げていきましょう。

それではまた。

お気に入り
奏son輝

2017年1月ゴルフ本格的に開始。ベストスコア78。年間50ラウンドとゴルフ人気復活の為に偏った考えや好き嫌いなく自分なりに表現できたらと思います。

このライターについてもっと見る >
GN20190618-0722

カートに追加されました。


×
求人