「あぁ〜」って言ってますけど、それナイスショットですよ(^_^;)

「あぁ〜」って言ってますけど、それナイスショットですよ(^_^;)

Golf Dojo KATOU パーシモン加藤です。

ラウンドレッスンをしていると、このような方をよくお見かけします。

当たり飛距離ともに素晴らしいのですが…結果は右ラフ。

「あぁ~右かよ…チィッ。何が悪かったのかな」と、スイングの反省を始めます。

私が、「いいショットでしたね!」って言うと…怪訝そうな顔をされます(^_^;)

では、どういうことかご説明しましょう!

結果的にはミスかもしれないけど

結果的にはミスかもしれないけど

弾道、飛距離ともに素晴らしい。ただ方向が悪く、結果としては良くない。

方向が悪いのは、スイングが悪く曲がっているわけではなく、アドレスの向きが悪かっただけ。

ということは、向いている方向にいいショットが打てたということ。

だから私は、いいショットでしたね〜と声をかけたのです!

方向違いのナイスショットの後にどう考えるか

方向違いのナイスショットの後にどう考えるか

「あ、向きが悪かったけどいい当たりだった!」

と考えるのと

「チィッ…何だよ。スイングどこが悪かったんだ…」

と考えるのでは、この後のショットに及ぼす影響がまったく変わります。

前者は、アドレスの向きをチェックするだけで不安なく振れます。

後者は、悪かったと思われるポイントを考えて、そこをどう修正するか考え、大丈夫かな…と不安を抱いたまま振ることになるかと。

影響が出るのはその日のラウンドだけではありません

影響が出るのはその日のラウンドだけではありません

向き違いのナイスショットをどう考えるか。

考え方で、その日のショットだけでなく、今後のラウンド、今後の練習にも影響してきます。

アドレスの向きを修正せずに、スイングに問題点を探し試行錯誤を繰り返す。

スイングがバラバラになりかねません( ; ; )

だってアドレスが悪いだけなのに、そのアドレスを直さずスイングをイジったら…もはや迷宮入りです(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

そうならないためにも、的確に自分のショットを振り返りましょ!

気持ちよくスイングできていたか? 当たりは良かったか? 弾道は?

これらに問題がなく、方向が違っていたのならアドレスをチェックするだけですよ(^_-)

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

カートに追加されました。


×