冬場こそユーティリティが“ウルトラ(U)強い(T)”です!
ゴルフクラブ

冬場こそユーティリティが“ウルトラ(U)強い(T)”です!

0

Golf Dojo KATOU パーシモン加藤です。

今回は、パーシモン改めユーティリティ加藤が冬場こそユーティリティが効果的ということを解説します(^_-)

地面が…

地面が…

暖冬なのか寒いのか、いろいろな陽気が目まぐるしく来て体調管理が大変ですね(-。-;

体調管理だけでなく、この時期はスコアメイクも非常に難しくなります。何が難しいかと言うと、コースコンディション。

朝のうちは凍結で、地面が硬くなります。そして気温が上がると、凍結が溶けて地面がゆるくなります。

カチカチだったり、ジュクジュクだったり…これは対応が難しいですよ( ; ; )

服装が…

優れたインナーが増えたとは言え…厚着にならざるを得ない…。

厚着になれば身体は回りにくくなります。

身体が回らなくなると…アイアンはボールが上がりにくくなり、飛距離も落ちます。

また、地面が硬かったりゆるかったりすると、ちょっと鋭角気味なヘッド軌道の方はダフリトップが出やすくなります(;´д`)

冬場の問題を簡単にカバーできます!

冬場の問題を簡単にカバーできます!

ライの問題…、厚着の問題…、これらの問題を簡単に解決してくれるのがウルトラ強い(UT)ユーティリティなのです!

ライの問題を解決するには、シャロー軌道なインパクトが有効となります。

このシャロー軌道、特別スイングを変えなくても冬場はシャローになりやすいのです!

理由は厚着。

厚着により、身体が回りにくくなります。簡単に言うとスリークォーター気味なスイングになるかと。

スリークォーターになれば、ヘッド軌道も通常よりシャローになります。

ユーティリティは、シャロー軌道のほうがクラブの性能を引き出せます!

スリークォーターショットでも、ボールは楽に上がりそれなりに飛距離も出ます(^_-)

私パーシモン加藤改めユーティリティ加藤、34度と42度のチッパーをショットで多用しています。

冬場の硬いゆるい、枯芝、すべてのライを同じスイングで対応できるのです(^_-)

そしてショートユーティリティを使うことで、スイング軌道が自然にシャロー軌道になります。

ユーティリティの効能で、アイアンもヘッドの入りが良くなります♪

冬場のラウンドをどう過ごすかで、春先のゴルフが変わります!

春先をレベルアップして迎えるために、冬場は“ウルトラ強い”UTを取り入れてみては(^_−)−☆

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

冬場こそユーティリティが“ウルトラ(U)強い(T)”です!

カートに追加されました。


×