ドライバーは飛ぶけどアイアンが……アイアンは飛ばすクラブじゃない!
ゴルフスイング

ドライバーは飛ぶけどアイアンが……アイアンは飛ばすクラブじゃない!

0

ドライバーはマン振りですごく飛ぶけど・・・アイアンがちっともグリーンに乗らない! という人多くない?

それ、アイアンもドライバーのように振ってない?

スイングの基本は同じだけど、地面から打つし傾斜もある! ということで「切れるアイアンショット」の巻。

そもそもアイアンの役割は?

そもそもアイアンの役割は?

遠くに飛ばすこと・・・ではないですよね。

ということは? 縦の距離の打ち分けが重要です。

そのために番手もいろいろ揃ってます。

ということは? 一定のヘッドスピードで打つ! ということが大切です。

ドライバーのマン振りでは、あまり気にしてないでしょ!

そこがまず違うところなので、基本的にはポテンシャル(自分の最大出力)を抑えて、一定の振りに徹することが大切です。

大振り禁物!

なので、チェ・ホソン張りに? 踊らなくても良いのです。

飛ばしたければ番手を上げます。

ミート率が下がれば、当然縦距離も変わってくるからです。

それにたいていのショットはショートしてるでしょ!

万が一のナイスショットの距離を想定していると、すべてのショットがショートになります。

ですので、大きめクラブでコントロールショットが基本になります。

実際のスイングでは?

まず、大きな動きを避けるために左足体重にします。

体重移動はあまりしません。そこから上げようとせず低い球を打つように打ちます。

そのほうが、どのようなライにも適応ができるからです。

地面から打つのでしゃくりあげては良い球は打てませんよね!

平地でも左足下がりの感じでコンパクトに打ち、フィニッシュは大きくは取りません。

左足下がりが打てるようになれば、クロスバンカーも怖くありません。

ボールからしっかり打っていけるからです。

ドライバーで飛ばすのもいいけど、アイアンで的確にグリーンに乗せられると、スコアメイクが楽になりますよ!(^_-)

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ドライバーは飛ぶけどアイアンが……アイアンは飛ばすクラブじゃない!

カートに追加されました。


×