長いホールほど力まないで、ボギーオンでも良しと思って打っていく

getty

ゴルフ初心者

長いホールほど力まないで、ボギーオンでも良しと思って打っていく

0

先日、横浜DeNAベイスターズのコンペも行われました「大厚木カントリークラブ本コース」を予約したのに、ウッカリ皆にLINEで「本厚木カントリークラブ」と書いてしまっており冷や汗をかきましたMASAMIです。

「大厚木」と「本厚木」では1万5000円程ラウンドフィーが変わってきます。指摘されなかったらと思うと怖すぎます。

本当に申し訳ない!!

さて、本題に・・・。

長いコースで「飛ばそうと思って力(リキ)んじゃった!!」ということ、少なからず誰しもあるコト。

「力む」とは何でしょうか!?

長いミドルホールは確実に!

長いミドルホールは確実に!

(画像は相模野カントリー倶楽部相模コース1番ホール、同コース公式サイトより)

ミスしたら距離が足りなくなるミドルホール(パー4)!

確実にティーショットとセカンドショットを打っていかないと4オンになってしまいます。

しかもこちらのホールは打ち上げ!!

実質400ヤード近くのショットが必要です。

こんな時に限って・・・力んでしまうコトが多いですよね。

ティーショットではまず鬼門を探る!

ティーショットではまず鬼門を探る!

(画像は相模野カントリー倶楽部相模コース1番ホール、同コース公式サイトより)

まずは鬼門を探りましょう。

ミスした場合右と左どちらのほうが事故が小さく済むか・・・。

右だととてつもない土手からの打ち上げになるこのホール!

1ホール目から気持が萎えてゴルフどころではなくなってしまいます。

※このホールでスコア11を叩き、萎えた経験あり。

焦らず、まずは肩が上がらないようにするコト。

力むと肩が上がってしまうコトがミスショットの原因の1つにもなると思うのです。

後はリズム!!

セカンドが残り170~190ヤード

セカンドが残り170~190ヤード

(画像は相模野カントリー倶楽部相模コース1番ホール、同コース公式サイトより)

ドライバーをナイスショットしたらセカンドは残り「170~190ヤード」になります。

しっかり乗せていきたいけれど、周りのバンカーにも気を付けて!!

グリーンを狙ってミスしたとしても、確実に3オンを狙える場所を選びましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

長いホールほど力まないで、ボギーオンでも良しと思って打っていく

カートに追加されました。


×