パッティング のタグがついている記事一覧
全てのホールで必要といっても過言ではない技術「パッティング」を特集します。
パッティングには決まった型がありません。プロのゲームを見ていてもクラブを握る位置、握り方、振り方は千差万別です。また、パターも規定の範囲内で様々な形が存在します。シャフトの長さやヘッドの形、素材の種類は多種多様で、毎年新しいものが発売されています。自分に合ったクラブやフォームを見つけることが大切です。
芝を読む能力も身に付けたいですね。パッティングはグリーンの起伏に左右されるので、まっすぐ打てるだけではカップインすることが出来ません。グリーンにたどり着く前に見ておくポイント、グリーンオンしてから確認するポイントを抑えておくことで、大切なパットの勝率がぐっと上がります。
200ヤード飛ばすドライバーも1打ですが、パッティングも同じ1打です。パーオンしてもパターがダメだとスコアはまとまりません。場所を選ばず練習できるパッティングを磨いて、ベストスコアを目指しましょう。
メニュー