ライフスタイル

どこでも練習できてかんたん!持ち運びができるパター練習器具4選

MUG

ここぞというときの、大事な場面で重要な役割を果たすパッティング。

「日頃から空いた時間を有効に活用し練習したい!」という人におすすめの、一人で出来るパター練習器具を、定番ゴルフマット以外でご紹介します。

ここぞというときの、大事な場面で重要な役割を果たすパッティング。

「日頃から空いた時間を有効に活用し練習したい!」という人におすすめの、一人で出来るパター練習器具を、定番ゴルフマット以外でご紹介します。

正しいストロークに「エッジパッティングレール70 」

『エッジパッティングレール70』器具の間にボールを置き、左右の淵にパターを這わせるようにして使うことで、正しいスイングを体で覚えることができる練習器具です。

自転車に例えると「補助輪」のような役割と思ってもらっていいでしょう。

「正しいパットスイングを意識してるけど、中々身につかない」「ゴルフを始めたばかりでパターをどう打っていいか分からない」といった人におすすめのアイテムです。

軌道を矯正!「ザ・レール」

ボールが転がるラインにレールを敷く、その名も「ザ・レール」。

かなり細めの幅のレールの上を真っ直ぐ転がすには、フェイスの向きをボールと直角にし、正確にインパクトさせなくてはいけません。

通常のパターに比べて難易度はグンと上がるため、これで成功できるようになれば、ショートパットの腕は確実に向上していると考えてよいでしょう。

サイズもコンパクトで場所もとらないため、自宅でのトレーニングに最適な練習器具です。

石川遼も使っている「インパクトボックス」

あの石川遼プロも愛用しているのが、こちらの「インパクトボックス」。

練習方法は簡単で、この緑の箱を横からパターで打ち、真っ直ぐ移動させるというものです。

一見ごく簡単そうに見えますが、フェースの向きや力のかけかたが正確でないと、中々真っ直ぐ進んでくれません。

向きによって難易度が変わるため、ぜひ上級者向けのパターンもマスターしてみましょう。

先に紹介したザ・レールよりもさらにコンパクトで、旅先へ持ち運びもできる便利な練習器具です。

プロも愛用!「パッティングミラー」

こちらは多くの有名プロも愛用している、自分の姿勢が分かる「パッティングミラー」。

パター成功のために必要不可欠な要素が、「セットアップ時の姿勢」です。

姿勢が決まっていれば、それだけフェイスを正確に出せますし、パッティングにも安定性が出てきます。

目線や肩が正しい位置にあるかミラーで確認し、ミラーの上に書かれたのラインに沿って正しいスイングができているかを確認しましょう。

また、距離感やテンポも測ることができるなど非常に多機能で、本格的な練習器具です。

パターの練習器具といえば、多くの人がゴルフマットを思い浮かべるのではないでしょうか。

もちろんゴルフマットも効果的な練習器具ですが、持ち運びには向きません。

ここで紹介した比較的コンパクトな練習器具を活用し、色んな場所で練習をしてみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

どこでも練習できてかんたん!持ち運びができるパター練習器具4選

メニュー