クラブ

ドライバーの飛距離を伸ばそう!飛距離に影響する要因とは…?

mist

最近は女子プロゴルファーの活躍で、ゴルフを楽しむ女子が増えてきましたが、ゴルフ女子に最も多い悩みが、「飛距離が出ない」こと。

もちろんゴルフの上手さやスコアは、飛距離だけでは決まりませんが、あまりに飛ばないとなかなかグリーンまでボールを運べず、おもしろさも半減してしまいますよね。

本日は、飛距離を出すために必要な考え方と、飛距離を出すためのクラブの選び方についてお話します。

最近は女子プロゴルファーの活躍で、ゴルフを楽しむ女子が増えてきましたが、ゴルフ女子に最も多い悩みが、「飛距離が出ない」こと。

もちろんゴルフの上手さやスコアは、飛距離だけでは決まりませんが、あまりに飛ばないとなかなかグリーンまでボールを運べず、おもしろさも半減してしまいますよね。

本日は、飛距離を出すために必要な考え方と、飛距離を出すためのクラブの選び方についてお話します。

ゴルフ女子の平均飛距離って?

普段は初心者だけでコースを回っていたり、あるいは反対に上手い人や男性ばかりとコースを回っている女性は、レディースプレーヤーの中で自分の飛距離が良いのか悪いのか分からないかもしれません。

そこで、ドライバーで打ったときの飛距離の目安とよく使われる7番アイアンで打ったときの女性の飛距離の目安を見てみると

・ドライバー・・・150-175-200(ヤード)
・7番アイアン・・・65-90-120(ヤード)
となっています。
※数字の見方は、「あまり飛ばない-平均的-ロングヒッター」です。

つまり、普段自分がドライバーで打つときに175ヤードに達していない、7番アイアンで打つときに90ヤードに達していないというようでしたら、比較的飛距離が弱点と言えるでしょう。

まだまだ飛距離が伸びる余地がありますよ!!

原因は筋力やフォームだけではない?!

原因は筋力やフォームだけではない?!

飛距離を決める要因は3つあります。

男子と女子ではドライバーショットの平均飛距離を比べてみても男子は230、女子は175と、55ヤードもの差があります。

つまり、当然ではありますが飛距離は筋力に関係があります。

飛距離が出ない方は、時間を見つけて定期的に筋トレをするのも一つの手ですね。

続いて、飛距離を決める2つめの要因はフォーム。

ドライバーショットで250ヤードを越える女子プロゴルファーは「力を抜いてキレイにスイングすれば、飛距離は絶対に伸びます」と言っています。

最後の一つの要因が、クラブです。

クラブと飛距離の関係

ドライバーと一言で言っても、長さやヘッドの大きさ、重さなどそれぞれ違いがあります。

最も飛距離を求める一打目に用いるドライバーを例に、飛距離がでやすいクラブの選び方をお伝えします。

まず、ものを動かす力というのは、速度×質量で決まります。

はじめから難しい話になりましたね。(笑)

すごく簡単に言うと、重たいヘッドを速い速度でボールに当てれば、ボールは飛びます。

もちろん、重いクラブを思いきり振ればいいというわけではありません。

飛距離がでやすいクラブを

飛距離があまり出ない初級〜中級者の人は、思い切ってクラブを変えてみましょう。

具体的にどういうクラブを選べばいいかというと、

・自分の身長で振りきれ、コントロールできる長さでなるべく長いもの
・ヘッドが、自分の力で振りきれる重さでなるべく重いもの

このあたりが比較的飛距離の出やすいクラブといえるでしょう。

最近は女性用のクラブでグリップの部分を軽くして、その分ヘッドを重くすることで元の重さと同じになるというようなクラブも登場しています。

また、男性用の軽いクラブ、しなりが柔らかめのクラブも視野に入れるとよいと思います。

まとめ

なかなか飛距離が出ず、スコアも悪くなってしまう方は、練習だけでなくクラブも見直してみるといいでしょう。

また、クラブは実際にスイングしてみないと自分にフィットするかどうか分からないので、最寄りのゴルフショップに足を運んで試打してみるとよいと思います!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー